スポンサーリンク

レザークラフトでコードバンのカードケースを手作り

スポンサーリンク
スポンサーリンク

以前作った作品ですが、サイトで紹介していなかったので掲載します。
なかなかいい「コードバン(馬のお尻の革)」が手に入った時に作ったものです。
ビジネス用にも使えるフォーマルな名刺入れを作ってみました。
デザインは二つ折りのシンプルなものとして、左右両方にカードを入れられるのですが片方は自分の名刺をストック出来るように厚みを持たせることにしました。

実際にカードを入れる内側はヌメ革を使いこれを立体成型します。
名刺のサイズ(左上の白い紙)より少し大きめに木型を作ります。 コーナー部はアールを付け、角は面取りしておきます。
木型の段階でこのように成型しておかないと革に写しとった時にきれいなカーブになりません。

ヌメ革は水を張った中に5分ほど漬けて十分みずを吸わせておきます。

取り出したヌメ革をタオルで軽く水分を取り、木型に乗せ端を伸ばしながらモデラで立体的に形を整えていきます。

気に入った形になったらそのまま一晩以上放置して乾かします。

十分に乾いたらカードが出し入れしやすいように、内側にトコノールを塗って滑らかにします。

カード入れのサイズの型紙に合わせて周囲をカットします。

使うパーツはこれだけです。 表のコードバン、カード入れ二つです。 カード入れの淵にはラインを入れておきます。

今回使った菱目打ちはいつもの4mmピッチではなく、高級っぽく見せるために3mmピッチのものにしました。

実際に3mmで開けた穴と、右に置いた4mmピッチの菱目打ちではこれだけ差があります。

周囲をこげ茶の糸で縫って完成です。 縁はあえてアールを付けずに平らなままの仕上げとしました。

表面の黒光りしているコードバンと内側のヌメ革の対比が気に入ってます。

実際には内側に、得意の「ひらがなとカタカナの刻印」でネームをいれてあります。

これだけの厚みがあればかなりの枚数をストックしておくことができます。

今回は、コードバンの革があまっていたので、ほかにも「パスケース」や「キーホルダー」「イヤフォンクリップ」なども一緒に作成しました。

 ※ レザークラフトをやるなら手縫いセットとレーシングポニーは必需品です。

レザークラフト革の手縫い工具18点セット《プレミアム》SEIWA


created by Rinker
¥2,750(2024/04/14 00:26:34時点 楽天市場調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました