スポンサーリンク

ハーレーがレッカーで運ばれていった日

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この週末、昨日の土曜日は天気が今一つはっきりしなかったのでクルマでお出かけでした。
寒さも厳しくなってきたし風も強かったですが、日帰り温泉にいって肩や腰をリラックスしてきました。

そして帰ってきたのがまだ2時過ぎでしたがその後天気が回復してきたようなので駐車場でハーレーのパーツ交換作業を始めたのが3時過ぎでした。
でもこの時期って、4時半過ぎるとかなり暗くなってくるんですよね。
それで作業の完了は翌日まで持ち越しでした。

翌日、日曜日。。。
朝起きたら、ハーレーの昨日のパーツ交換の作業続行。。。じゃなくてまずは自宅サーバの復旧作業です。
またまたです、ハイ。
いつもご迷惑おかけしています。
朝7時過ぎから10時まで掛かってLinuxのインストールからブログの再インストールおよびデータ復旧、ライブカメラの設定まで完了、ふぅーー。
終わったところでようやくハーレーの作業に取りかかります。

で、作業がおわったところで調子を見るために近所を一回りしてこようと準備。
冬用のジャケット、革パンツにブーツ、メットをかぶって、玄関まで出てきた妻の見送りを受けて、いざ出発!
 イグニッションオン
  セルスイッチをプッシュ
   セルがキュル、キュル、キュル。。。。。。。プスン
     セルがキュル、キュル、キュル。。。。。。。プスン
       セルがキュル、キュル、キュル。。。。。。。プスン
    以下リフレイン

エンジンがかかりません。
先月バッテリーを新品に換えたばかりですし一応セルは元気に回っているようです。
でもエンジンが掛かりません。
なんどか試しましたがダメです。
これ以上やるとバッテリーに負担が掛かりそうです。

次にやったこと。。。
ハーレーをすごすごと駐車場に戻してウェアを脱いで、
  そしてリビングのソファで落ち着いて、、、いえ うなだれていました(苦笑;

まずはディーラーに電話します。
メカニックの方にお話をしましたが引き取りは有料になるし今日は日曜日でサービススタッフの皆さんは忙しそうです。
電話の向こうで登録してある私のH.O.G.の加入状況を調べてくれましたがスタンダードプランだと自宅からの搬送サービスは適用外だそうです。
やはりなんとかしてディーラーまで持って行くしかないようです。
私はクルマの方でJAFに30数年加入していますのでこちらでも対応できるかもしれません。
でもレッカー車の台数に比べて救援依頼が多いので来るのに時間がかかりそうです。

また任意保険にも入っていますのでこちらのサービス内容の方が手厚そうです。
私が加入しているのはネット申し込みで割安だった「アクサダイレクト」です。
保険のサービスセンターに電話するとバイクの車種、ナンバー、氏名を伝えて本人確認しました。
状況を伝えたところ、「現場で修理出来なければレッカーでバイクを指定の工場まで運びます」とのことでした。
現場というのはツーリング先だけでなく自宅でもいいそうです。
私の保険ではバイクは50kmまで無料移動してくれるそうです。
しかも修理完了後、私が工場まで引き取りに行った際の交通費(一人分)を上限5万円まで負担してくれるそうです。
もちろんタクシーでの利用もOKです。

ここまでやってふと気になる事がありました。
(というより妻からするどく突っ込まれました!)
今年の5月、茨城の大洗海岸までタンデムツーリングに出かけた際、高速道路のSAから出発したときにバイクに異常が生じて結局地元のディーラーさんに預けて修理を依頼し当日は電車でかなりの時間と交通費を掛けて帰ってきました。
さらに後日修理ができた際にも同じだけの費用を掛けて引き取りにいった事がありました。

このときは高速から降りたあとディーラーにいくのもなんとか自走し往復の交通費もすべて自腹でしたが今にして思えばあのときにも同じ保険に入っていたのでこれを利用すれば搬入もやってもらえたし交通費も(まるまる私とタンデムの妻の)二人分ではないかもしれませんが負担してもらえたはずでした。
この時、妻は「保険屋に電話してみたら」と言っていたのですがなんとか自走でディーラーまで行けそうだったのでその意見を尊重しなかった私の完璧な判断ミスでした。
交通事故や故障の際に加入している任意保険を最大限有効に活用することをもっと早く学ぶべきでした。

話を戻します。
ちょうどレッカー車も手配出来たようで連絡してから50分ほどで来てくれました。
ただバイク専用のレッカー車ではなく大きめの乗用車も載せられるようなロング車なので狭い道までは入ってこられないようでした。
広い道まで押しで来てくださいとの事でしたがこれも頼むと有料になるそうです。
私の場合も100mほど押して持って行きました。
たった100mですがさすがに400kg近くあるハーレーです、重かったぁ!
レッカー車は後ろの荷台がスライドして地面に降りてくるタイプでその上にバイクを載せるのですが来ていただいたスタッフの方にお任せすると慣れないようでフラフラっと倒れそうになりました。
結局私が自分で押して荷台の上に載せました。


 

ベルトで固定されたハーレーがトラックの上に載っています。


 

夕日を浴びて走り去っていくレッカー車を見送るのは寂しいものですね。
思わず涙が。。。。出ませんでした。


 

バイクが愛車ハーレーがいなくなった駐車場はなんだかガランとして寂しさが増していました。
そして思う事は。。。
 ハーレーが動かなくなった原因はなんだろう。
 ちゃんと直るのだろうか
 修理にはどれくらい掛かるのだろうか
 期間は? 数日、数週間。。。あるいは以前の時のようにパーツが日本になくて、本国アメリカから次回入ってくるのを待って3ヶ月とか
 それに費用はいくらくらい掛かるのだろう
 工賃だけで済むのか、それもエンジンの腰下を分解するとかじゃないといいけど
 パーツ交換もハーレーで、ディーラーだと高く掛かりそうです。
いろんな事が想像されて不安な気持ちになってきます。

寒い日が続くので、しばらく乗らなくてもいいかなと思う反面、いままでは路面に雪がない限りは毎週のようにツーリングに行っていました。
まあ、とりあえずはディーラーにお任せして連絡を待つだけです。
夕方、散歩がてら妻と近所のスーパーに向かいました。

買い物を済ませ、レジに並んでいる時、私のスマホが鳴っています。
ディーラーのメカニックさんからの連絡でした。
果たしてその結果は?
 修理はどうなる?
  続きが気になりますが、それはまた次の記事で。。。。

スミマセン、引っ張らせてください。

せっかくのこういうネタなので。。

コメント

  1. ikuyubon さんへ、
    ご心配おかけしました。
    エンジンかからず途方にくれてしまいました。
    でもご推察のとおり、結果的にすぐに戻ってきて
    しかも問題は軽微な内容でした。
    次の記事で説明させていただきました。

     

    ziromei さんへ、
    はい、おかげさまで無事戻ってきました。
    これが自宅じゃなくてツーリング先だったら
    大変だったでしょうね。
    今回はレッカー車もすぐ来てくれて助かりました。

     

    姶良のペガサス さんへ、
    同じく搬送経験者なんですね。
    >気分的にドナドナ状態でした。
    わかります、わかります。
    私もブログタイトルでよほど「ドナドナ」と書こうかと思いました。
    いつもクルマの横でちょっと場所を取って
    圧迫感のあるハーレーですが、
    置いてある場所にないと虚無感、ですね。
    今回は費用面でも助かりました。
    これからタイヤ交換、車検と続くので
    この時期の出費はキツイです。

     

    DON さんへ、
    結果的には異音は付随的なもので
    ギア欠けとかのトラブルでなかったのでよかったです。
    みなさんに続編を期待されると書きづらいお粗末な原因でした。

     

    仙人 さんへ、
    さすがにガス欠はしないように気をつけてます。
    毎回ツーリングから帰ってくるときに
    スタンド寄って満タンにしてバイクを保管しています。
    エンジンが快調に動く条件
    「よい燃料」「よい圧縮」「よい火花」ですね。

     

    やまぐち さんへ、
    チューブ入りタイヤのハーレーでは
    パンクも、しかも出先だとやっかいですね。
    バイクの搬送サービスも、H.O.G、JAF、任意保険と入っていますが、
    H.O.G.のスタンダードプランだと自宅での引き取りはできないそうですね。
    この中では任意保険がアフターサービスまで含めて
    一番フォローが良さそうでした。

     

    かえる十兵衛 さんへ、
    夕日に向かって走り去って行ったので
    よけいに寂しく感じましたよ。
    不調の状況を再現出来なくて完全修理出来ないのは
    どうも不完全燃焼ですね。
    今回はどうも稚拙な原因で動かなかったので
    ちょっとお恥ずかしい結末になっちゃいました。

  2. 大変な一日でしたね。運ばれていくバイクを見送るのは寂しいもんですねよね。実は僕もつい先日エンジンがかからないトラブルでディーラーにバイクレッカーされたばかりです。
    キーをスタートにしてもニュートラルランプが点かなかったので、ヒューズなど一通りちぇっくした後にセンサー異常かもと思いディーラーに電話した次第です。
    それから数日してバイクは治って帰ってきたのですが、スッキリしない事に原因不明で回復しトラブルが再現できないとの事。これではいつ再発して始動ではなくなるか心配ですが仕方ありません。
    メカ好きおじさんりトラブルの原因は何だったのでしょうか???
    気になっています・・・次回の続編を楽しみにしております。

  3. 出発準備を整え、動かそうとしたらパンクで完全に空気が抜けていました。
    HOGのプレミアムに入っていたのでそちらでレッカー頼みましたが、2人で来て、キズをつけないように毛布などをはさんで固定して連れて行きましたね。
    プレミアム・アシストに外注しているようですが、完璧でした
    http://www.premierassist-east.com/

  4. ガス欠(^^;
    なら、安上がりですが
    その答えが気になります~

  5. エンジンがかからないというのが一番問題ですよね(^_^;)
    異音の方が重症だったりますけど。早く先が見たいですね!
    どうか軽症でありますように!

  6. 私も自宅からキャリヤカーでショップまで1回搬送していただきましたが気分的にドナドナ状態でした。
    いつもは狭い車庫が広く感じて、居るべきものが居ない虚無感、脱力感(/_;)
    心労いかばかりかと、大したことが無ければ良いですが。私もまず費用関係を心配しました。結果的にHOGの
    費用負担内での移動距離でしたので搬送費は無料でしたが・・・・・・後の費用は((+_+))家内にも過小申告しました。言えませんでした(^_^;)自己負担が発生して影の貯蓄が目減りしました(>_<)
    続編が大いに気にかかります。

  7. 大丈夫だったのでしょうか?

    出先ではなく、自宅だったのがまだ不幸中の幸いだったのかなと思いますが。
    バイクトラブルは、気分が落ち込みますよね。

    大した事無いような結果に落ち着くこと、お祈りしときますね。

  8. ええ!!
    って感じですね。
    それにしてもどうしたんでしょうか。
    心配ですね。
    たいしたことないと良いんですが。
    でも次回持ち越しということはそんなに深刻でないかもとちょっとそんなきがしてます。

タイトルとURLをコピーしました