スポンサーリンク

ハーレーのエキパイでのやけど対策で加工したレッグガードは効果あった

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハーレー、ヘリテイジ・ソフテイル・クラシックのノーマルマフラーは右二本ですが左右出しにしたくてディーラーでカスタムしてもらってありそれでも車検を通すことが出来ています。
ただ夏のツーリングでは後方エンジンの排気を左側にぐるっと回しているエキパイのせいで右足のももの部分にやけどを負ってしまします。
 ※ちょっと見にくいいものを見せてスミマセン。

下の写真の赤丸のエキパイが原因で、まずは対策としてエンジン上にヒートシールド(青いパーツ)を付けましたが、あまり効果はありませんでした。

そこで次に革製のレッグガードを購入しました。

もともとは転倒時に足をガードするものですがこれでもエキパイの熱対策になるかと思っての事です。
チャップスでもいいのですが足の付け根まで来るものがあまりなく、それにそれを履くくらいなら冬用の革パンツでもいいかなと思ってしまいました。
これはこれでよかったのですが走っているとすぐにずり下がってしまうの気になっていました。
ももの部分は伸び縮みするゴムをマジックテープで留めているだけで弱かったので革でベルトに付け替えてホックで固定するように改造しました。

それでも下がってきてしまうのでレッグガードとバイク用ジーンズにホックを打って固定するようにしたら安定しました。

でもまだエキパイの熱でのやけどの対策には十分でなかったので、最終的に別の革でエキパイからの熱を防ぐガード部を継ぎ足すことにしました。

革を当ててみるとエキパイの上をカバー出来るので良さそうです。

これをレッグガードの追加したホックを利用して固定するように工夫しました。

履いたところです。

太ももの上と内側までカバーしています。

今までは寒かったので革パンツを履いていましたので、先日の有間ダムの時は暖かくなってきたのでようやくテストする事ができました。
チャップスほどゴテゴテしていなくてシンプルでかつ必要な部分だけカバー出来そうです。

実際にバイクに跨って走っている時にもしっかりガードしてくれてエキパイの熱で熱くなることはありませんでした。

これから夏に向かい更に暑くなってきた時に効果が発揮出来るかまだテストが必要そうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました