スポンサーリンク

格安ブレーキパッドを通販で買ってみました

スポンサーリンク
スポンサーリンク

車検の時にも指摘されたリアブレーキのパッドの減り。
今までの交換履歴は、
1回目:2009年3月(納車12ヶ月目)8456km
    ディーラーにて12ヶ月点検時交換 1万円
2回目:2009年10月(納車19ヶ月目)14108km(+5652km)
    自分で交換 9千円
3回目:2010年2月(納車24ヶ月目)17800km(+3692km)
    ディスクローターと一緒に交換 9千円
現在 2011年3月(納車36ヶ月目)25800km(+8000km)
    3年間、26000km弱ですでに三回の交換、4回目も必要とは減りが早いですね。
毎回9千円ほどの費用が出ていきますが、もっと安くあげる方法はないのでしょうか。
ハーレー純正のリアブレーキパッドは、定価8,780円、ネットでは20%offの6,990円で売られていました。
でもさらに安いのがありました。
ハーレーの純正品にこだわらなければもっと安い製品もありました。
それがこちらです ↓↓
lowcost-brakepad01.jpg
 ※ 写真は、左右それぞれの純正品(現在使っているもの)と今回の製品です。
セミメタル ブレーキパッド リア用
値段はなんと純正品定価の79%安の1,845円!
適合するのは、
’08年~’10年 ソフテイルモデル
’08年~’10年 ダイナモデル、
特徴は、
・セミメタルパッド
・スクーターから大型車までオールマイティに対応したバランスに優れたブレーキ素材です。
・セラミックファイバーベースのセミメタルコンパウンドにより幅広い温度範囲で優れたフリクション特性を示し、ストリートでのライトスポーツ走行やツーリング等に最適です。
・ウェット時の制動力もドライ時の85%以上を確保。
・ケブラー・オーガニック等の樹脂素材と違い、絶対的な制動力の他、コントロール性や耐久性にも重点を置いています。
・アスベストに代わる素材でローターへのダメージを抑えます。
・ハーレー純正 42298-08 相当品
lowcost-brakepad02.jpg
ブレーキパッドを選ぶ上で一番気になるのは制動力です。
どんなものであっても止まらなければ危険です。
また雨の日の性能についても気になります。
雨の日に乗ることは少ないですが、それでもツーリングで雨に降られる事はあります。
ディスクブレーキの構造上、雨の日に制動力が低下するのはやむを得ませんが、どこまでセーブできているか。
それにもう一つ気掛かりなのが、ディスクロ-ターへの影響です。
効きがいいブレーキパッドは、ディスクローターへの攻撃性が高く、すり減らしやすい傾向があります。
これらの点が気になりますが、試しにテストして見る事にしました。
まず、現在つけているブレーキパッドをチェックします。
lowcost-brakepad04.jpg
確かに減ってはいますが、厚く残っている所で2.3mm強、一番薄所でも1.8mm位はあります。
ディーラーとしては安全マージンを考えて早め早めの交換を推奨する(当然売上になりますしね)んでしょうけど、純正パッドの新品の時に厚みが5mm強なのに、それを3mmほど減っただけで交換するのはちょっと早すぎのような気がします。
個人で定期的にパッドの減りをチェック出来るのであれば、1mm程度までは使用可能だと思います。
ネットで注文した今回のパッドは、定形外郵便扱いで全国一律390円の送料で二日後には届きました。
純正のパッドと比べてもサイズ的なものは同じです。
lowcost-brakepad03.jpg
まだ純正のパッドの残りがあるので、交換するのはもう少し先になると思います。
交換したらレポートするつもりです。

コメント

  1. 自分で出きる強さですね!
    ブレーキパッドのその後、わかりましたら教えてくださいね!勉強になります!

  2. うわー、さすがですね!
    そんなことまでやってしまうとは、やはりメカ好きおじさん様ならではですね!
    メカには滅法弱い私には、ただただ尊敬してしまいます。
    それにしても低コストで高性能ならバッチリですね。
    効果レポートを楽しみにしてま~す!

タイトルとURLをコピーしました