スポンサーリンク

第11回富士ブルースカイヘブンに行ってきました~レポート2

スポンサーリンク
スポンサーリンク

( 前回レポート1 からの続きです)

チャプターフラッグパレードに参加出来るのは、ノーマルマフラー車だけです。
(ちなみにヘルメットの着用も言われていますが、こちらは大丈夫ですね)
マフラーがノーマルである証にヘッドライトにシールが貼られています。

2009-blueskyheaven25.jpg

パレードの開始は15時45分の予定ですが、ウチのチャプターは14時にテントサイトに集合して集合場所に向かいます。
このブルスカには80人ほどの参加があった筈ですが、パレードに参加するのはなんと10台だけ!しかもそのうちの2台はディーラーさんです。
少なすぎませんかね?
皆、自動車や雨のパレードを嫌っているのでしょうか?
(これも後で聞いたのですが、別の深い理由があったのです!
   それは。。。。のちほど)
私たちは夫婦揃ってのペアライドで参加です。
雨は強くなったり弱くなったりを繰り返しています。
当然レインウェア着用です。せっかく買ったレザーベストは着られません。
メインスタンド南のAパドックに一旦集合です。

これはメインコースウォーキングパレード用の騎馬隊のようです。

2009-blueskyheaven26.jpg

まだ開始時間までかなり時間がありましたので、少し離れたレストランをのぞいてみました。
こういう所があれば昼食とかもちゃんと食べられるんですね。
日替わりもあって見晴らしもいいし、こっちの方がよかったかも。

2009-blueskyheaven27.jpg

併設されている売店で見つけたV8エンジン箱のクッキーです。

2009-blueskyheaven28.jpg

レストラン前ではこんな撮影もやってました。

2009-blueskyheaven29.jpg

待っている間にも続々とパレードに参加する各チャプターのハーレーがやってきます。

しかし、待たせる事、待たせる事!!
15時半に移動するとかいうのも無しで、プログラムにあった15時45分すぎてもまったくアナウンス無し。
16時に近くなった頃になってようやく先頭集団がメインスタンドに向けて動き出しました。
結局2時間以上、このパドックでやる事もなくじっと待つだけでした。
先に書いた「パレードに参加しない別の理由」とはこの事だったのです!
「とにかく長時間待たされる」のが通例らしいです。
今回は寒い雨の中でしたが、場合によっては炎天下の事もあるでしょう。
集合時間を守らないチャプターもあるのかもしれませんが、入場といい、パレードといい、ブルスカを11回もやっている割には事務局の誘導はもうちょっと対応を考慮して欲しいものです。

こんな事もありましたが、それでもメインコースに入る頃にはそんな不満より期待の方が大きくなりました。

2009-blueskyheaven30.jpg

スタッフルームの方も手を振って応援してくれました。

2009-blueskyheaven31.jpg

走行している画像はメインスタンド前の大きなビジョンに映し出されています。

2009-blueskyheaven32.jpg

ここがちょうどメインスタンドの様子です。
さすがに雨なのでイスに座っての応援する人はまばらです。

2009-blueskyheaven33.jpg

雑誌等の取材のカメラマンの方たちも雨の中でがんばってます。

2009-blueskyheaven34.jpg

盛り上げブラスバンドのメンバーです。
こちらも雨で大変そうですね。

2009-blueskyheaven35.jpg

いろんな所で手を振ってくれるので、私たちも元気よく手を振ってました。
今回のコースはメインコースを2周して終了です。
全体として非常に低速走行で、まるで教習所の一本橋のようです。
足を付かずにふらつかず走るのがやっとです。

このコースをレーサーが走るのかと思うと感慨深げです。

2009-blueskyheaven36.jpg

でも、スタート前、集合場所であまりに長くまたされたので、隣を走っていたディーラーさんの後ろで小さな息子さんはコックリコックリでした。

パレードが終了し、テント場所に戻ったところでテント前で集合写真です。

2009-blueskyheaven37.jpg

このあと、17時過ぎからテント村で夕食タイムが始まりです。
夜からのイベントが18時からあるので早めの食事となりました。

2009-blueskyheaven38.jpg

お腹がいっぱいになったところで、また歩いてメインスタンドへ向います。
目指すは妻がどうしても見たいと言っていた、「引田天功の炎からの大脱出」です。
大脱出をする時のキャラクター名は「プリンセス・テンコー」ではなく、「二代目引田天功」となるそうです。

メインコース上にはヘリコプターに乗って上空から挨拶です。

2009-blueskyheaven39.jpg

でも実際に登場はテンコーさんの「あの」ハーレーのリアシートに乗ってきました。

2009-blueskyheaven40.jpg

トラックの上に用意された檻。

2009-blueskyheaven41.jpg

プリンセス・テンコーさんは手錠をされて入っていきます。
そして檻の外側は中が見えないように銀色の布で覆われます。
そして檻をクレーンで爆破位置まで移動します。

2009-blueskyheaven42.jpg

檻の爆破とともに消えてしまったと思われたプリンセス・テンコーさんが消防車の上に乗って復活です!

2009-blueskyheaven43.jpg

※(「たぶん、あーだろうな」なんてヤボな事は考えず、
   素直に楽しむのが大人のお約束です)

そしてその次が、「モンスタードラッガー ナイト走行」です。
SS1/4マイル(いわゆるゼロヨン)で世界最速の時速370.44キロを出したドラッグレーサーの重松健さんの走行です。

2009-blueskyheaven44.jpg

途中、メインマシンのトラブルにより、排気量を2700cc→2400ccにダウンした予備のマシンで挑戦です。

2009-blueskyheaven45.jpg

正直、もっと凄い爆音と煙・火花を期待していたのですが、雨のあとのウェットな路面ではやはり全開走行は難しかったようです。

それでも迫力は伝わってきました。

という所で、またまた長くなってしまったので続きはまた。

  → 第11回富士ブルースカイヘブンに行ってきました~レポート3  に続きます

コメント

  1. バイクおやじさん、
    行く前から覚悟していたとはいえ、
    こうずっと雨だとめげてしまいます。
    サーキットのコーナーって、
    もっと傾いているのかと思っていたのですが、
    割と平らなんですね。
    出来ればもうちょっと早く、
    せめて20km/hくらいででは走って欲しかったです。

    KENT☆彡さん、
    「富士スピードウェイ」って、
    名前だけでも子供の頃から知っている有名なコースですよね。
    かなりの(ほとんどの)人が、
    チャプターパレードに出るためにマフラーを
    ノーマルに戻して来ているようですね。
    マフラー以外のカスタムが凄いのに不似合いなハーレーも
    けっこういたようです(笑;

    n066tsukaさん、
    雨、雨、雨にずっと祟られました。
    晴れていたらもっと楽しかったし、よく見えたでしょうね。
    メットのシールドに水滴が付いていて
    ぼや~っとしていました(笑;
    誘導についてはもう少し(いっぱい?)考えて欲しいですね。
    その間、他のアトラクションとか見る事できたのに、残念です。

  2. バイクおやじさん、
    行く前から覚悟していたとはいえ、
    こうずっと雨だとめげてしまいます。
    サーキットのコーナーって、
    もっと傾いているのかと思っていたのですが、
    割と平らなんですね。
    出来ればもうちょっと早く、
    せめて20km/hくらいででは走って欲しかったです。

    KENT☆彡さん、
    「富士スピードウェイ」って、
    名前だけでも子供の頃から知っている有名なコースですよね。
    かなりの(ほとんどの)人が、
    チャプターパレードに出るためにマフラーを
    ノーマルに戻して来ているようですね。
    マフラー以外のカスタムが凄いのに不似合いなハーレーも
    けっこういたようです(笑;

    n066tsukaさん、
    雨、雨、雨にずっと祟られました。
    晴れていたらもっと楽しかったし、よく見えたでしょうね。
    メットのシールドに水滴が付いていて
    ぼや~っとしていました(笑;
    誘導についてはもう少し(いっぱい?)考えて欲しいですね。
    その間、他のアトラクションとか見る事できたのに、残念です。

  3. 雨の中、御苦労様でした。
    レースをしているコースを走る事が出来るってのは、魅力的ですね★
    しかし、誘導で時間が掛かるってのは、、、何とかして欲しいものです。

  4. 富士スピードウェイ走ってみたいなぁ・・・

    でもノーマルマフラー限定ですからねぇ(^-^;
    今のところノーマルですが、すでに手許にはクロームワークスのマフラーが・・・

  5. 雨の中お疲れ様でした。
    サーキット走れるなんて良いですね。
    たとえ低速走行でもうらやましいです。私も是非走ってみたいです。

タイトルとURLをコピーしました