スポンサーリンク

新しいミシンと作ったバイク用品

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今まで使っていたミシンが壊れたので新しいミシンを購入しました。

基本縫いが出来ればいいので、ネットで探して評判のよかったスタンダードモデルを選びました。

新しいミシンと作品
 

新しいミシンと作品
 

以前使っていたのは20年以上前のもので、ただの電気ミシンでした。

今回のものは一応コンピュータミシンと言われるものです。

縫うパターンは20種類、糸通しや下糸のセットも昔のミシンに比べると楽になりました。

縫い幅や縫い目のサイズ変更が出来るのもコンピュータミシンならではですね。

 

妻はワンピースやスカートなども縫いますが、私がミシンを使うのは、バイクやクルマ用のものを縫うときの方が多いです。

今までに作った作品(?)を載せてみます。

まずは、昔乗っていたパジェロのシートカバーです。

新しいミシンと作品
 

シートのサイズを測って型紙を起こし、迷彩柄のキルティングの生地で作りました。

そしてハーレーに関連するものです。

まずはタンデムシートです。

年間30回以上タンデムツーリングするわがやには必須のタンデムシート乗り心地改善のために、低反発クッションや硬柔スポンジを積層して作ったもののカバーです。

レザーシートをミシンで縫っています。

新しいミシンと作品
 

そして今では使っていませんが、ヘリテイジに標準装備のシーシーバーに付いている背もたれの角度、堅さを変えるためにクッションとカバーを変更しました。

縫い目にはパイピングを施してスタッグ(鋲)を打ち込んで、ライダー側のオリジナルのシートとの一体感を出してみました。

背もたれには、これも自作したレザーのくるみボタンを埋め込んでアクセントにしました。

新しいミシンと作品
 

最後は、寒さ対策のために作ったエンジンガードにつけたソフトロワーフェアリングです。

縫っているところです。

新しいミシンと作品
 

新しいミシンと作品
 

新しいミシンと作品
 

ほかには、バイク用のライダージーンズやスキーウェアのパンツの裾上げなんかもミシンでやっています。

新しいミシンを手に入れて、さて何を縫いましょうかね。

コメント

  1. 榛名赤城山 さんへ、
    20万円もするミシンですか!
    すごいですね。業務用でしょうか。
    凝ったモノを作ろうとせずに
    すぐに取り出せる場所においてあれば、
    ちょっとした時に使う気になりますよ。
    昔足踏みミシンを触ったことがありますが、
    すぐに逆方向に回転してしまってうまく出来ませんでした。

  2. 娘にこのブログ見せてやりたい。二十万近くもする
    高級?ミシンを購入しても、最初だけ使ったが、
    ほとんど使わないで、今は、箪笥の肥し!
    私はズボンの裾上げもできませんが。
    今度、このミシンを引っ張り出して、裾上げやってみようかな〜
    私の母は、足踏みミシンまだ使ってましたが。

  3. don さんへ、
    ミシン掛けはかなり好きです。
    と言っても直線縫いばかりで、
    難しい小技とかは使えませんけどね(笑;
    学校時代から家庭科は得意科目でいつも5段階評価でした。
    (ちょっと自慢です。。へへ)
    妹の家庭科の裁縫等の宿題をやっていたのは私だったりします。

  4. ミシンが使えるとは!
    我が家は手でさえ縫えません(^_^;)

タイトルとURLをコピーしました