スポンサーリンク

秋の信州、お泊りツーリング ~1日目~

スポンサーリンク
スポンサーリンク

先月のビーナスライン、志賀草津道路に続き、
今月も信州に一泊でツーリングに行ってきました。

10月10日からの三連休ですが最終日の12日は仕事なので、
10日(土)、11日(日)の一泊ツーです。
(毎月、泊まりでツーリングに行くと諭吉さんがどんどん飛んでって、
 クレジットの請求書が怖いです!)

今回の目的地は、1日目は白馬へ行ってオリンピックのジャンプ台を観て、
信州路を走って斑尾高原へ行って宿泊。
二日目はそこから、黒姫高原、戸隠周辺の予定です。

両日とも土日なので高速代が安いのはいいですが、渋滞が心配されます。
距離的には関越道から上信越道経由が、中央道回りより少し近そうなんですが、
渋滞予報カレンダーではこっちのルートの方が混みそうなのと、
帰りに上信越道を使う予定なので、行きは中央道に決定です。

行きは少し早めに家を出たのですが、さすがに10月中旬となると、
朝は少し肌寒いですね。私はレザージャケット、妻は冬用ウェアのインナー無しです。
今回は前回の信州ツーリングの時に荷物は多すぎた反省を踏まえ、
リアバッグとサドルバッグ一個分に収めました。
お土産等が増えた時用に、デイバッグを一個畳んで持っていきました。

思ったより中央道の渋滞はしていなかったのですが、
それでも通行量は多めでしたね。

天気予報では、今日明日ともに曇り時々晴れで雨の心配はなし。。。
のはずででしたが、走っているとフェアリングのシールドにポツポツと雨が!!
せっかくここまで順調に走ってきましたが、
初狩PAでレインウェアを着るはめになりました。
行き先の空には雲がいっぱいなので、気持ちだけちょっとブルーです。
斑尾ツーリング1日目

でもしばらく走ると雨も止み、これより先ももう大丈夫だろうと判断して、
双葉SAでレインウェアを脱ぎました。
斑尾ツーリング1日目

次の諏訪湖パーキングにもバイクがいっぱい来てましたね。
さすがに三連休なのでツーリングに出て来てるんでしょう。
斑尾ツーリング1日目


斑尾ツーリング1日目

斑尾ツーリング1日目

今回のツーリングの計画段階では、
「時間に余裕があればまたビーナスラインを走って。。」と思っていましたが、
天気も今いちですし、時間的にはあまり余裕は無さそうなので今回はパスしました。
前回、最高の天気で貸切状態で走った印象を大切にしました。

「中央フリーウェイ♪」をひた走り、豊科ICで高速を降りれば安曇野市です。
ここからはR148号を北上します。
途中、「黒部ダム、こっち(とは書いてませんが)」という標識を見て、
「黒部ダムも観たいね、行こうか?」と妻としばし相談。
でも地図で確認するとそうすると白馬と両方行くのは無理そうなので、
黒部ダム見学は次回(?)の楽しみに取って置く事にしました。

このあたりは郊外の市街地をいくつか抜けていくような道です。
そのまま走っていると太陽は出ているのに雨がポツリポツリと。
またすぐ止むだろうと思い、今度はレインウェアを着ずに
そのまま雨の中を十分ちょっと走ってました。

左手に見えてきた木崎湖や青木湖は、湖と鉄道北アルプス線、そして国道が
横に並んで、北海道の釧路を走った時のようでとてもいい雰囲気です。
斑尾ツーリング1日目

途中、道の駅白馬に到着した頃にはすっかり雨もあがってました。
お昼の時間なのでここで昼食をとる事にしました。
二人とも同じ「はくばの豚山賊重」という、
地元で飼育されている無菌豚(SPF豚)を使ったポークソティ定食です。
斑尾ツーリング1日目

お腹が落ち着いたところでもう少しで白馬のジャンプ台に着きます。
走っていると左の山の斜面にジャンプ台が見えてきましたが、
それ以上に目についたのがいっぱいのパラグライダー!
10人以上が空の散歩を楽しんでいました。

競技場のパーキングにバイクを停め、まずはリフトに乗ってジャンプ台の出発点を目指します。
このリフトがセーフティーバーの無いタイプで多少揺れるのでちょっぴりスリルがあります。
斑尾ツーリング1日目

斑尾ツーリング1日目

でも実はそれ以上の恐怖(笑?)はこの後に待っていました。
リフトを降りた所で今度はタワー内のエレベーターで頂上まで登ります。
そこからは階段を上がっていくのですが、これが金網タイプの床と
かなり急勾配の同じく金網の階段なんです。
斑尾ツーリング1日目

ここで高所恐怖症の方は脱落していきます。
私ですか? 実は私も高い所は好きではないのですが、
手摺りとかがしっかりしている所は平気なので当然一番上まで行きましたよ。

これがそのスタート地点からの眺めです。
とてもこんな急斜面を滑り降りてましてやジャンプするなんて、信じられません!
斑尾ツーリング1日目

斜面には日本カモシカが二頭いました。う~ん、自然が豊かですね。
斑尾ツーリング1日目

パラグライダーも気持ち良さそうに飛んでいますが、
こちらはさすがに私には無理ですね。
斑尾ツーリング1日目

下りもこの金網階段と揺れるリフトを降りてきました。
着地地点まで来て、モニュメントの所で記念撮影です。
斑尾ツーリング1日目

記念館見学、お土産購入のあと、斑尾高原を目指します。
斑尾ツーリング1日目

この時点で時刻は3時少し前。
予定では2時間位かかりそうなので、やはり黒姫高原や戸隠高原の鏡池は、
明日まわる事になりそうです。

このあたりからはカーナビで最短ルートで走ったのですが、
R406号から36号線を通って戸隠に行くのですが、
結構な山道でくねくね、そして路面が荒れてますね。
まるで先月通ったメルヘン街道か、武石峠のようです。
斑尾ツーリング1日目

「大望峠 展望台」の標識に誘われて上がってくると眺望の開けた展望台に出ました。
斑尾ツーリング1日目

ただ、地元のカメラマンのオヤジさんが、看板とその前の腰掛の前に自動車を停めていた為に
写真が撮れなかったのが残念でした。
ああいう人の迷惑を考えない駐車の仕方はどうかと思います。
(と言いつつ、その場で注意出来なかった自分が情けないですね)
斑尾ツーリング1日目

ようやく戸隠神社に来たところで写真を撮っていると、
なにやらまた「レイのモノ」が。。。
またしても雨です。
もう慣れてしまってそのまま山を降りて黒姫まで走ってしまいました。
斑尾ツーリング1日目

市内までくれば、これまたお約束で雨も止み、コンビニで小休止です。
その後野尻湖を回ってホテルまであと少しです。
斑尾ツーリング1日目

宿に到着したのはなんだかんだで5時近くになっていました。
ホテルの入り口でキャリアから荷物を降ろしていると、
ホテルの方が「どうぞこの屋根のある所の下に停めてください」と
親切に言ってくれました。
山での駐車は夜露に濡れる事があるので屋根付きがうれしいですね。
斑尾ツーリング1日目

ホテルの部屋で寛ぎ、まずは温泉へ。
沈み行く夕陽を観ながら露天風呂にのんびり入って、
今日の一日を振り返ります。本日の走行350km。
なんだか今日は何度も雨に降られた印象が強かったですね。

お腹いっぱい夕食を食べて明日に備えてゆっくり眠ります。

おっといけない、忘れモノです。
我が家の旅行では夜空の星を見るのもお約束です。

食事の後、外に出てみたのですが、ホテルの明かりがまぶしいせいもあり、
山の中の割にはそれほど多くの星が見えません。
11時過ぎに再度、外に出てみたら。。。。なんと曇り空で星見えず。
仕方なく、今日はコレでオヤスミなさいです。

【二日目】に続きます。

コメント

  1. NORIさん、
    はい!はい!そうですか、すれ違ってたんですね。
    バイクだったらよかったですね。
    >携帯でブログを確認すると。。。
    わざわざ確認していただいんたんですね。ありがとうございます。
    次こそ、ご一緒したいですね。

    ルーキーさん、
    土曜日は予報には無かった雨で、ちょっと残念でした。
    関西の方はよかったんですね。
    あの金属の急階段を冬に歩くのは相当勇気がいりそうです。
    でもきっと空気が澄んで遠くまで見渡せたんじゃないでしょうか。

  2. 関西は快晴の三連休でしたが、信州は今一つでしたか。

    今年のお正月に白馬のジャンプ台に行きました。高さももちろんですけど、
    極寒の気温と凍ってツルツル滑る階段に悪戦苦闘でした(笑)

  3. クロのヤッコのペアを見つけて、「はっ!!もしかして」と思って携帯でブログを確認すると、『白馬のジャンプ台を…』って書いてあったからもしかしてと思ったんですよねぇ~(^_^)

タイトルとURLをコピーしました