スポンサーリンク

バイク用ドラレコが修理から直ってきた

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ツーリング動画撮影

バイクでのツーリングでは動画撮影用にGoProとInsta360の全方位カメラを使っていますが、それ以外にドラレコも設置しています。
以前はアクションカメラをフロントに、クルマ用の小型ドラレコをリアに付けていましたが、やはりバイク専用の方がなにかと使い勝手がいいだろうと載せ換えてありました。

 

バイクドラレコの選定基準

選んだ基準は、
・バイク専用で防水、防塵、防振動対策ができている
・フロントとリアの2カメラ
・できるだけ精細な画面
・広角撮影
・SDカードは大容量(最低でも128GB)
・モニターは見ながら走ることはないので不要
・サイズは車体も積載場所も余裕があるのでこだわりなし
これらの基準で選んだのは日本のメーカー、慶洋エンジニアリングのAN-R101という機種です。 ネットで1万円4千円くらいでした。

KEIYO ドライブレコーダー バイク用 前後 2カメラ フルHD 1920×1080 高画質 GPS スマホ Wi-Fi 防水 IP67相当 あおり 対策 思い出録画 WDR (ワイドダイナミック) Gセンサー モニターなし AN-R101 慶洋エンジニアリング BIKE ドラレコ 煽り運転 ツーリングの 録画可能
参考までの今年の春に、埼玉県の聖天宮までツーリングに行った時に撮影した動画を載せておきます。

 

バイク用ドラレコが壊れた

自分でバイクに取付けてツーリングの際には常時録画していました。

でも先月のタンデムツーリングに出発する際にドラレコの本体から警報音が鳴っていました。

LEDの表示を見てみると上から四番目の本来、緑色に光るランプが点いていません。 これは「リアカメラが接続されていません」という警告です。
実際にはリアカメラは接続されていますし、念のためコネクタを接続しなおしても警報音は消えません。

仕方ないので電源をはずしてツーリングにでかけました。

 

動作チェック

帰宅してからすべての機材をバイクから外して屋内で動作確認しました。

・コネクタの接続を抜き差しし直し
・マイクロSDカード横のリセットボタン
・別のマイクロSDカードを挿入
・フロントとリアのカメラを入れ替え
上記のチェック項目をすべて確認しましたがやはり録画できませんでした。

 

メーカーに修理依頼

まだ保証期間内でしたのでメーカーに問い合わせてみました。
ネットで確認した電話に掛けてみましたがすぐにつながり、購入したバイクのドラレコが動作できなくなってしまった旨、伝えました。
担当の方からは「いくつか試していただきたい事があります」ということで言われたのは、すでに私がチェック済みの項目でした。

そして「保証期間内の故障ですので着払いで送っていただきますので、購入時の領収書のPDFか写真を添えてメールで送ってください。 折返し返送先の住所をお伝えします。 修理工場にとどいてから大体1週間くらいでお返しします」と言われました。
ネットで購入しましたので領収書を詳細明細書を添付してメールするとまもなく返信で送り先を教えてくれました。

 

メーカーに返送

はずした機材一式と説明書兼保証書、さきほど添付した領収書と自分で書いた「修理依頼書(故障内容、チェックした項目等)を箱に詰め修理先に送りました。 届け先は長野県のようでした。

 

3日で戻ってきた

メーカーに送った翌日は修理品は先方に届いたようで、その2日後にはもう修理が完了して自宅に戻ってきました。 送ってから3日という短さでした。 今回はたまたま修理が混んでいなかったのと故障が再現できて原因もすぐに特定できたので早かったと思われますのでいつもそうとは限りませんね。

結果的にはリアカメラの不具合ということでカメラが交換となりました。
一つずつ丁寧に袋に入っています。

いきなりバイクに取り付ける前に自宅内で動作確認しました。
12Vの安定化電源でチェックすると前後カメラとも問題なく表示され録画されていました。

 

バイクに取付け

それではバイクに取付けます。
一度自分でやりましたので手順はわかっています。

フロントカメラはヘッドライトとドライビングライトの間のこの位置にセット。

コルゲートチューブでカバーしてバイク後方に取り回します。

リアカメラは前回と同じこの位置ですが、撮影した動画をみるとかなりブレブレなので車体本体のどこかに設置し直した方がいいかもしれません。

GPS受信機は今まででも測位がすぐできていますのでリアボックスのココ。

今回は一箇所だけ改良しました。
それはマイクの風切り音対策です。 このドラレコでは静止画の撮影用にリモコンスイッチがありこのボタンのところにマイクがセットされていてここで音を拾っています。 しかしどうしてもバイクだと風切り音がすごく入ってしまします。
今まではスポンジをカットして貼っていましたがあまり効果はありませんでした。 そこでネットでマイク用の風切り音対策の毛皮を購入していました。
でもピンマイクを差し込むだけの穴しかないのでこのリモコンスイッチは入りません。 仕方ないので穴の周りを留めている糸をカットして本体を開き、マイクに縫い付けて固定しました。

フロントカメラの配線とリモートスイッチの配線はシートの下を通します。

ドラレコ本体はリアボックス、キングツアーパックの中に入れてすべての配線をここに集中させました。

設置と接続がすべて完了したので再度動作チェックをしましたが問題なく録画できました。
カメラの傾きについては一応チェックはしてありますがあとは実際に走って確認します。

このドラレコは私の希望条件を満たしていて画像もそれなりにキレイなので気に入っています。
今回はカメラの故障ということでメーカー修理となりましたが、対応も親切で迅速に対処していただけました。

これからのツーリングでも役立ってくれることを期待しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました