スポンサーリンク

AmazonのFire TV Stick(ファイヤーティービースティック)を買ったらすっごく楽しめた

スポンサーリンク
スポンサーリンク

最近の買い物ではネット通販を利用することがかなり増えましたね。
実際の店では販売してなかったり探せなかったり、価格が安いだけでないメリットが魅力ですね。
買いに行く時間と交通費を考えるととても便利です。
さらに送料無料のサイトが多いのもうれしかったのですが、少し前からよく利用していたアマゾンのサイトで送料が掛かることが増えてちょっぴり残念でした。

どうせならと奥さんがアマゾンのプライム(amazon prime)に登録しました。
年間で税込み3,900円の会費を払って有料会員に登録すると、最速で届く「お急ぎ便」、配達時間帯を指定できる「お届け日時指定便」がいつでも使い放題になるだけでなります。
送料に関しては「アマゾンプライムなら送料無料になる」というのは一部違っていて、「Amazon.co.jpが発送する場合、会員登録していないと2,000円でないと無料にならないけど、プライム会員なら金額に関わらず無料」になります。
ただしアマゾンが発送せずに出店業者から送られてくる場合はこれに当てはまりません。
これらの特典は会員登録した奥さんだけでなく「無料の家族登録」すれば私の買い物でもこれらのメリットにあずかる事ができるんです。
こうして安い金額のバイクや電気部品、パーツなどでもprime発送商品なら送料を気にしないですぐに送られてくるので大助かりです。

 

アマゾンプライムの会員としてのメリットはこれだけではなく、

■プライム・ビデオ
 登録されている海外や日本の映画やドラマ、TVドラマ、アニメ、日本独占配信の作品が、スマホやタブレットなどいろんな機器で見放題になります。

■Prime Music
 100万曲以上の楽曲が聴き放題になります。

■Twitch Prime
 無料ゲームなどの特典も利用できます。

■プライム・フォト
 スマホやデジカメでで撮った写真を何枚でも保存でき、専用のAmazon Photo無料アプリをダウンロードすれば、自動に保存できます。

■Prime Reading
 Kindle本・マンガ・雑誌がKindle端末だけでなくスマホでいつでもどこでも読み放題です。

 

ところでこの中の「プライム・ビデオ」がお気に入りになりました。
パソコンでアマゾンにログインすれば(これは家族会員ではダメですが)、いろんな映画やお気に入りの海外テレビドラマなどがいつでも見放題になるんです。

しばらくパソコンの前に座って楽しんでいましたが、やはりもっと楽な姿勢で、リビングのテレビで観たみたい!となりました。
そこで購入したのが、AmazonのFire TV Stick(ファイヤーティービースティック)です。

AmazonのFire TVとは、カンタンに説明すると「テレビのHDMI端子に接続してWi-Fiにつなぐだけで、Amazonビデオ、Hulu、Netflix、Abema TV、DAZN、dTVなど、いろんな映画やビデオを大画面で楽しむ事が出来る機器」です。
ネットにつなぐのでブラウザのSilkやFirefox経由でYoutube、Facebook、Twitterなどのウェブサイトにもアクセスが可能です。

Fire TVには四角い箱にケーブルが付いた「Amazon Fire TV」を大きなUSBメモリのような形の「Fire TV Stick」の二種類があります。
違いですが、CPUやメモリなどの性能の差のほかに大きなところでは解像度が「Amazon Fire TV」が「最大60fps・2160p/4K HDR対応」なのに対し「Fire TV Stick」は4Kに対応しておらず「最大60fps・1080p」です。
でもよほど大型テレビでなければ4Kとの差はわからないでしょうし、番組的にも4Kで放送されているモノはごく僅かです。
価格的には「8,980円」と「4,980円」と4,000円ほどの差があります。
私が買ったのは「Fire TV Stick」の方ですが実際にしばらく視聴してみて画像的にも操作感にも十分満足出来ています。


 

■製品自体もアマゾンのサイトで購入しました。
送られて来たのはこちらです。


 

入っていたのは、
 ・Fire TV Stick 本体
 ・音声認識可能なリモコンと電池二本
 ・本体に接続するAC-USB電源アダプタとケーブル
 ・説明書
です。

■設定・準備
本体にUSBケーブルで電源と接続します。


 

リモコンに電池を入れます。
蓋が外しにくかったですが説明図どおりにやれば出来ました。


 

テレビのHDMI端子に本体を接続します。


 

画面を見ながらリモコンで設定します。


 


 

言語は日本語を選択、


 

Wi-Fiの設定もリモコンからパスワードを入力します。


 

ネットと接続するとamazonのサイトとつながりログインが促されますが、amazonのサイトから購入した場合はすでに本体にアカウントが登録されているので驚きですが便利ですね。


 

機能制限は特に設定せず、


 

もう番組を楽しむことができます。


 

設定自体もとてもカンタンで誰でも出来るでしょう。

今までパソコンで見ていましたが、一度大きな画面のテレビに慣れていまうともう戻れませんねん。
途中まで観た番組は続きから再生出来ますし、オススメ番組も便利です。

 

■HDMI切替器を購入
ところでウチのテレビは少し古いものなのでHDMIの入力が1口しかありません。
でもここに繋いでいるのはブルーレイレコーダーが二台、任天堂スイッチ、それに今回の「Fire TV Stick」と四台になります。
ケーブルを一々繋ぎ代えるのは面倒なので、今までは三入力の切替器を使っていましたが、今回増えたので買い替えました。


 

リモコンで五つの機器を切替え出来るものです。
ネットで調べると1000円以下のものから数千円のものまでありましたが、今回は手頃な価格のものを選びました。


 

ネットでは「安い機器は画質の劣化がある」と書かれているサイトもありましたが、この切替器を通した時と経由せずに直接テレビの入力に繋いだ時を見比べてみましたが私には画質の違いがわかりませんでした。

切替器にはUSBの電源ケーブルとリモコン、リモコン受光器の延長用ケーブルが同梱されていましたが、ACアダプタはなかったのでスマホの充電用で使っていたアダプタを流用しました。
小さな切替器本体に入力と出力の計6箇所のHDMI口があるのでそれぞれの間隔が狭く、少し太めにできている「Fire TV Stick」だとそのままでは差し込む事が出来ず、「Fire TV Stick」に付属してきた短い延長ケーブルを使いました。


 

リモコンは発する光が弱いようで明るい昼間や切替器との距離があると反応が鈍いようでした。
付属の延長ケーブルを使って受光器を近くに持ってくると反応感度が良化しました。
まあ切替器本体にもスイッチがあるのでこちらで切り替える事もできます。


 

 

amazonの「Fire TV Stick」とHDMI切替器のお陰で、プライムビデオやブルーレイレコーダーで録画した番組、それに契約しているWOWOWなど、テレビでの視聴が楽しみになりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました