スポンサーリンク

2018年最後のツーリングでドローンを飛ばしてきた

スポンサーリンク
スポンサーリンク

寒くなってきてめっきりバイクに乗る機会が減ってしまいました。
以前は真冬でもツーリングに行って日帰り温泉に入って帰ってくる、なんてコトをやっていたのに、どうも最近はそこまで元気が出ないです。
今日は天気も穏やかでそんなに寒くないというのでハーレーに乗ってタンデムで出かけてきました。
とはいえさすがに冬になると道の駅にもバイクはそう多くはなかったですね。

日陰では早朝まで霜がおりていたようでやっと溶けたところのようです。

冬場のツーリングは寒さと、山方面は路面の凍結が心配ですし、かといって少しでも暖かさそうな南方面、例えば千葉南端や湘南方面に行くには日が短いので早朝出発も出来ないし、帰りはすぐに暗くなってしまいますね。

今日のお昼は道の駅あらかわでいつもの「チャーシュー丼」です。

こちらは秩父の武甲山ですが、

ググっと縦に伸ばすと何となくスイスのマッターホルンに似ていませんかね。

朝は10度ほどでしたがお昼を過ぎるとひなたは15度まで気温が上がってきました。

今日はちょっとだけドローンで遊んできました。
住宅地や人がいるところで飛ばすのは危険なので、周囲100m以上に誰もいないのを確かめて飛ばします。
私が飛ばしたのはコチラ、航空法の規制範囲外の200g以下で手のひらサイズのものです。 トイ・ドローンという範疇にあるものでDJIのTello(テロー)という機種です。

GPS搭載していないので自動でリターンする機能とかはありませんが、機体下に二基のビューセンサーと気圧センサーがあってかなりのホバリング安定性を誇っています。
今、1万円程度で買えるトイドローンの中では断トツに一番人気でしょう。

バッテリー一個で10分以上飛行できるのも魅力です。



操縦はリモコンは付属しておらずスマホにアプリをインストールして操作します。 画面には実際に飛んでいるドローンに搭載されているカメラから見える画像が表示されています。
特に細かく操作しなくても手を放していても安定して勝手にホバリングしてその場に留まっていてくれます。
自動的に操縦者の周りをぐるっと回ってくれる事やその場で360度回る事、さらにクリック一つで自動的に宙返りなんかもしてくれます。

最後には自分の上空に持ってくれば、手の平を検知してその上に着陸してくれます。

飛ばしながら静止画を撮ったり、動画を撮ることもできます。 そのデータは操作しているスマホにリアルタイムに保存されます。
そうして撮った動画がこれです。

以前、別のトイドローンで遊んだこともありますが、うまくホバリング出来ずまた操作もなかなか思うように飛んでくれませんでした。

その時、嬬恋パノラマラインの愛妻の丘で撮影した動画がこれです。

ひととおり遊んだところで秩父市街に戻ってきました。

横瀬の299号線沿いにヤギを飼っているところがあります。

ふたたび道の駅あしがくぼです。

深谷ネギと原木シイタケやゆずを買ってきます。
寒くなってきたのであったかいおしるこで一休み。

帰りはパトカーが先導してくれたのでゆっくりと走って帰ってきました(笑;

まるでUFOでも隠れていそうな雲とその脇に虹が出ていました。

今年もあと10日ほど、これが本年最後のツーリングになるのかな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました