スポンサーリンク

秩父一斉取締りなので名栗へ、サドルバッグメンテナンス

スポンサーリンク
スポンサーリンク

またまた今年一番の気温を更新した夏日、群馬では35度超えの猛暑日だったとか。
それでもこれだけの好天に恵まれたら走り出しますよね。
以前は週末休みだったけど最近は休みが不規則で土日にツーリングに出かけることは減りましたが今日は日曜日。
ハーレー乗りとしてはこの土日は、富士スピードウェイで開催されている「ブルースカイヘブン」が話題のようですが、私もハーレーに乗り出してから何度か参加しましたが最近は行かなくなりましたね。

さて今日の行き先ですが、ネット情報では秩父方面には埼玉県警察の一斉取締りが敷かれ検問で一部渋滞するかも、というのでコチラはパス。
まあどこでも走れればいいので毎度まいどの名栗、有間ダムという代わり映えのしない行き先。
もうじき北海道ツーリングが控えているというので遠出のツーリングは控えています。

近場のツーリングなのでゆっくり出発ですがそれでも25度を超えています。

 

新緑の中を走るバイクも、さすがに日曜日は多いですね。

 

と言う間に有間ダムに到着です。

 

ここでしばし妻とのんびり水面を眺めてぼんやりしています。
町中より気温が心持ち低いのと山を渡ってくる風が肌に心地よいですね。

 

今日はスポーツスターの方の集まりがあったようですかなりの数、集まっていました。

 

有間ダムを下って物産店のやませみへ。
ここの横の広場では「第5回やまそら祭」というのが開催されていて大勢の人で賑わっていました。

 

お昼過ぎると気温もぐんぐん上がって日向ではバイクの温度計は34度を超えています。
それでも風を切って走っていればまだまだOK。

 

でも町中に戻ってきて信号待ちが続くと、エンジンのところの電動ファンはずっと回りっぱなしです。

帰宅後は久しぶりに革製のサドルバッグのメンテナンスをしました。
まずはブラッシングで縫い目や隙間、スタッズのところのホコリを落とします。

 

その後、今回はオイル分を補充するので使うのはコチラ、ハーレーの革製品専用のメンテナンス用品、レザードレッシングです。

 

ウエスに取ってサドルバッグに擦り込んでいきます。
革のシボの部分にもしっかり入り込むようにします。

 

最後に、革製サドルバッグの避けられない経年劣化の型くずれを防止するために、以前低発泡ポリエチレン板で作って内部に装着してある補助プレート板(Saggy Bag)を手直ししておきます。

 


 

これらのメンテナンスをしているのでFLSTCヘリテイジの革製サドルバッグも、納車から9年経過してもまだなんとか形を保っていますね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました