スポンサーリンク

電動ハーレーが発表される

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まずは写真を見てください。


 


 

低く構えたブラックボディー、V-RODに似ているようでやっぱり別物。


 

エンジンのあるべき場所はフルカバードされ、V-Twinでも水冷Vでもなく、いやエンジンですら存在しない。

そこにあるのは電動モーター。

そんなマシンがこのハーレーのニューモデルです。


 

といってもこれはすぐそのまま市販されるのではなく、欧米で試乗ツアーしながら回り、ユーザーの意見や感想を収集していくものです。

しかしコンセプトモデルというだけでなく、実際に充電して走行可能なモデルになっています。

まだ主要諸元は発表になっていませんが、一説には数時間の充電で走行可能な距離は50マイルとも100マイルとも言われていて、かなりの加速性能を有し、最高速度も100マイル/hに達するのではないかと推測されています。

Youtubeでサウンドも聴けますね。

このモデル自体は、5月に中国で撮影された映画の中で、スタントマンの女性が乗っているところを撮られていました。


 

私個人としては、荷物を満載したタンデムツーリング向きではないのでそれほど興味はわかないですが、一度実車を見てみたいものですね。

コメント

  1. 仙人 さんへ、
    ガソリンで動くエンジンは、
    エコという観点ではいろいろ問題あるとは思いますが、
    でも趣味性の強いバイクには、
    やはり電動でなくエンジンがいいなと思ってしまいます。

  2. BMWも近々電動スクーターを発売するようです。
    最近BMWの電動4輪が出た所なので、本当の様です。
    まさかハーレーまでそう言う開発をしているとは思いませんでしたね!
    しかも、なかなかにカッコいい♪
    同じく、私も欲しいとは思いませんが(^.^)
    日本のメーカーも何やら動いているようですし。。
    エンジン動力は、まだもうしばらく残ってほしいなぁ

タイトルとURLをコピーしました