スポンサーリンク

動画撮影用カメラの設置場所

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハーレーでツーリングしている時の風景を、走りながら動画で記録することにハマってます。

走行動画カメラ固定位置

この週末、関東地方の山沿いは「曇り時々雨」の予報でツーリングには向きそうにありません。

少しの時間なら雨も大丈夫そうなので動画撮影用のテストをやってみる事にしました。

以前は普通のデジカメの動画撮影機能を使っていたのですが、カメラが大きくて目立ちすぎるのと駐車する時に取り外しが面倒なので、最近は動画撮影専用の小さなビデオユニットを使っています。

ただこれで撮影すると画像が変に揺れてしまい見ていて軽いめまいを起こしそうでした(笑;

でも同じユニットを自動車等で使っている方のサイトの動画を見ても、それほどのユレが無いものもあるので設置方法を見直す事にしました。

このビデオユニットは重さが18gと非常に軽いので、デジカメのように自重による振動より、取り付け場所の振動が、画像に現れているのだと思います。

まず最初はいつもどおりの、ファントムフェアリングのウインドシールドの留めネジから伸ばしたステーに固定した動画です。

走行動画カメラ固定位置

ここの場所は後付け、デタッチャブルのカウリングなのでがっちり固定してあるとはいえず、またカウルの中心から離れた場所にあるので走行時やエンジンからの振動の影響を受けやすいかもしれません。

固定方法はここのL字金具に、取り付け取り外しがしやすようにベルクロテープを巻いて固定しています。

いつもよりかなり強めに巻きつけて走行した動画がこちらです。



 

速度的には50km/h出ているかどうかですが、ゆっくりのスピードでも道脇の電柱が揺れているのがわかります。

 

次に同じ場所で、固定方法をベルクロテープではなくビニールテープでしっかり固定したものです。



 

ベルクロテープで留めるよりは多少はいいかなという程度ですが、やはり揺れはあるようです。

振動対策的には問題のある場所ですが、視線的にはライダーから見える景色と同じような感じなので、ツーリングの記録には向いていると言えます。

 

次に固定場所を変えてみます。

一番フレームに近くてしっかり固定されていそうなエンジンガードです。

前回の秩父高原ツーリングでもエンジンガードに付けて撮影しましたが、この時は直接ビニールテープで巻いただけなので角度をしっかり調整出来ませんでした。

今回は、パイプ用固定金具(240円)を使って、グリップラバーで保護した上でステーを付けて固定するようにしました。

走行動画カメラ固定位置

エンジンガードの垂直部分は横から見ると多少上向きに傾いていますのでそれの調整もしています。

前から見てもそれほどは目立たないと思います。

走行動画カメラ固定位置

最初はベルクロテープ固定での動画です。



 

揺れは皆無とは言えませんが、減っているようです。

固定については気を付けたつもりでしたが左に傾いてしまっていました。

画像的には路面が近く、迫力ある動画になりますが、周りの風景を楽しみながらのんびりしたツーリングの記録という意味では、もう少し上にあった方がいいような気がします。

このあたりは好みの問題でしょう。

それと走行音が、カウル上とはだいぶ違います。

路面からのロードノイズやハーレーのエンジン音を拾っているのもあるのでしょうけど、他の車の走行音も、周囲の壁や路面からの反射によって違うみたいです。

最後に、同じエンジンガードでのビニールテープ固定での動画です。



 

前の動画とたいして違いがないようです。

前に車がいないので多少速度が速いのでゆれが出ているのでしょう。

 

いろいろと試してみましたが、ここが絶対いい!という場所はなかなか見つかりません。

最終的にはフォグランプの内側に、固定ステーのところからステーを追加した場所がいいかなと思っています。

走行動画カメラ固定位置

固定ステーを製作途中なので、まだここでの動画テストはやっていません。

さらにもう一つ問題があります。

カウル上に設置してあれば、走行中でも左手で電源と録画開始・停止の操作は出来ますが、エンジンガードやフォグ゙ランプ横に設置した場合には手が届かず無理です。

これについてはすでに対策案を決めてあり、現在改造中です。

完成したらまた動画を付けて紹介する予定です。

コメント

  1. 仙人さんへ、
    路面に近い動画は、迫力あっていいのですが、
    ツーリングの記録としてはもうちょっと大人しくても
    いいかなと思ってます。
    ヘルメット取り付けもおもしろそうですね。
    このビデオなら軽いから両面テープでも
    固定できそうです。
    風切り音対策は何もしていません。
    たぶんマイクユニットが小さくて、
    ボディ上部に付いている、開口部も狭いので
    風もあまり巻き込まないからかと思います。
    >カメラリモコン
    ですか、ふふふ。

    ichirouさんへ、
    ほぼ当たりです。
    シールド線はビデオスイッチの引出し、
    コネクタ、スイッチはその通りです。
    電源だけは、アンプ用、電圧計用のつもりです。
    まだ作業途中なんで、
    出来たら記事にします。

    あぜ道さんへ、
    一応、最後に書いたフォグランプ横を
    定位置にするつもりですが、
    簡単に取り外せるので、
    マスツーリングとかの際には、
    横向きや後ろ向きでも撮影してみたいなと
    思ってます。
    普段あまり行かない所にツーリングに行った時とか、
    動画で撮ってあると記念になっていいですよ。

  2. いいですね?
    色々設置場所を変えて動画撮影するのも、
    面白いですね(^o^)

    カメラ固定の高さによって雰囲気変わります(@_@;)

    走行動画、見てて臨場感があって楽しいです!!

  3. 前回の改造パーツと結びつきました!
    たぶん
    ・ 5Vはカメラの電源
    ・ 2線シールドはカメラからマイクを取り外し外部へ
    ・ 3Pコネクタはハーレー電源周り
    ・ プッシュスィッチはカメラのスイッチ類を取り出し外部へ

    全く違ってたりして(笑)

  4. 確かに、操作できるハンドル周りが理想ですね!
    でも、エンジンガードの目線もいいです!
    あと、ヘルメットの上や横と言うのも面白そうそうです(^^
    風切り音がそれほど入ってないようですが、なにかしているのでしょうか?
    カメラにもリモコンが欲しいですね?♪

タイトルとURLをコピーしました