スポンサーリンク

パスワードによるサイトアクセス制限(覚え書き)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自宅サーバー用の自分の為の覚え書きです。

サイトにアクセスする際に、IDとパスワードが必要なように設定する。

データや画像保存用のファイルサーバーや、自宅監視用のライブカメラを運営している際、urlを公開していなくても誰でもアクセス出来てしまうのでパスワードで制限する。

いろんな方法があるが、簡単で一般的な「BASIC認証」による方法を利用する。

(1)定義設定

アクセスしたいサイトに「.htaccess」を追加する

最初に「.(ドット)」のついたもの

自宅サーバー機で直接書いてもいいが、他のWindowsマシンで作成してFTPで送り込みする

テキストエディタで、下記のように記述する

AuthType Basic
AuthName “IDとパスワードを入力”
AuthUserFile /home/mekazuki/fileserver/.htpasswd
require valid-user

1、2、4行目は特に変更しなくても可
3行目は、パスワードの設定値「.htpasswd」をアップしたディレクトリーを指定

記述したら、Windowsマシンの場合は頭の「.(ドット)」を付けずに一旦適当なところに保存

ftpソフトで自宅サーバーのアクセス制限したいディレクトリーのアップする

ftpソフトで「名前の変更」で、頭の「.(ドット)」を付けた「.htaccess」に変更する

 

(2)パスワード定義「.htpasswd」を追加する

IDとパスワードを決める。 複数設定することも可能

IDはそのままでよいがパスワードは暗号化したものを記述する必要がある

いくつか専用サイトで暗号化が可能だが、今回は「基本認証用パスワード暗号化」を利用する

サイト http://www.nishishi.com/scripts/htpasswd/ にアクセスして、IDとパスワードを入力する

暗号化されたデータを、テキストエディタで「:」ではさんで記述する

複数設定する時は改行して記述

mekazuki:6sh1gsh48rh54h
member1:qerhgtf6hb465gs
member2:yte68j4ty65jn78

記述したら、Windowsマシンの場合は頭の「.(ドット)」を付けずに一旦適当なところに保存

ftpソフトで自宅サーバーのアクセス制限したいディレクトリーのアップする

ftpソフトで「名前の変更」で、頭の「.(ドット)」を付けた「.htpasswd」に変更する

以上で、サイトにアクセスするとIDとパスワードを入力しないとアクセス出来ないように設定された

コメント

タイトルとURLをコピーしました