スポンサーリンク

ひかり電話ルータをRT-200KIからRT-S300NEに交換

スポンサーリンク
スポンサーリンク

先日、妻が自宅の固定電話(光でんわ)で通話中に突然聞こえなくなりました。

光回線を使っているので一緒にネットにもつながらなくなり、パソコンでのブラウズも無線LANでのゲームも、そしてこの自宅サーバーもすべて接続が切れてしまいました。

NTTのフレッツ光故障対応センターに電話をしたところ、「光電話ルータの背面にある電源コードを一旦外し、数分おいてから再接続してください」と言われたそうです。

実際にそのとおりにやったところ、電話もネットもまた使えるようになりました。

私が帰宅後、その話を聞き、実は過去にも何度かネットが突然つながらなくなる事があり、その度に同じように光電話ルータの電源を落とし、数分後に再起動させて来た事を伝えました。

NTTのフレッツ光サービスからは「またこのような事が起こるようなら、光電話ルータの故障も考えるので交換します」と言われていたそうです。

そこで再度フレッツ光の故障サービスに電話をしてルータの交換をお願いしました。

今の光電話ルータは8年前に光回線を敷いた時にレンタルされた「RT-200KI」ものです。

 ※ 下の写真の右の白い機器です。 左の黒い四角のが自宅サーバー、その左上にちょっと見えているのが無線LANの親機です。


 

どうやらこの機種はたまに不具合が発生することがあるようで交換もよくあるようです。

故障担当のオペレーターから言われたのは「今回はルーターの故障が考えられるので交換費用は無料ですが、実際に現在お使いのルーターを拝見させていただいて、お客様による漏水や分解などによる不具合と判断された場合には、出張費として7500円+税をお支払いいただくことになりますのであらかじめご了承ください」という事でした。

私の場合はもちろん屋内使用で濡れた事はないですし、分解とかもしていませんでしたので問題ありませんと答えました。

交換の方法は、郵送で行うかスタッフの方が新しいものを持参して交換するという方法があるそうです。

私が家にいる時にやった方がいいので、スタッフの方に来ていただくことにしました。

自宅に来る前に連絡をもらい家で待っていました。

てっきりただルータの電源を落として新しいものと差し替えるだけかと思っていましたが、そうではありませんでした。

家に来られてまず行ったのが、屋内に引き込まれている光回線の信号の強さの確認です。

屋外から引いてきた細い光回線のケーブルはONU(Optical Network Unit 光ネットワークユニット)につながれた後、LANケーブルで光電話ルータに接続されています。

このONUにつながるケーブルを一旦外し持ってきた測定機器で測っていました。


 

どうやら光回線の信号は問題ないようです。

次に機器の変更を行う前に、自宅の電話局を管理するNTTの部署に電話をしていました。

そして数分後にNTT局からの電話をスタッフの方が受けてから新しい機器をつないでいました。

今度の機種は「RT-S300NE」という四角ばった黒いルータでした。


 

光電話だけなら、電話機につながるケーブルをつなぐだけで交換作業は終了です。

ネット接続については光電話ルータの設定が必要です。

再設定は自分でやろうと思っていたのですが、来られたスタッフの方がやっていかれました。

この設定を行うためには(自分でやるとしても)、プロバイダからお知らせできていた「接続ID]と「パスワード」が必要です。

ずっと以前に設定したままだと忘れてしまっているかもしれませんが、プロバイダからの郵送物を探しておきましょう。

それと光電話ルータのログインについてもパスワードを自分で変更している場合は、それも必要となります。

こういうものが必要になるので、NTTのスタッフを呼ぶ前に確認し、もしわからないようなら事前にプロバイダに連絡して教えてもらっておいてください。

今回はインターネットの接続設定だけを、来られたNTTのスタッフさんにやってもらいました。

パソコンでネットに接続出来ることを確認して交換作業は終了です。

返却するものは、「光電話ルータRT-200KI本体」と「ACアダプター」でした。

ACアダプターもパソコンラックの裏の裏の方を引き回していたので、すぐに返却出来る様にラックの上に出しておきました。

それ以外のLANケーブルや取扱説明書の返却はとくに求められませんでした。

一般的な交換作業ならこれですべて完了です。

でもわが家では自宅サーバーを構築して、ブログやファイルサーバー、ライブカメラなどを運用していますのでそれの再設定が必要です。

さすがにこれはNTTのスタッフさんがやってくれる訳はないので自分で行います。

自宅サーバー機のIPアドレスに、WEBサーバーの80番やSSH、FTP、POP3などを設定していきます。

これが済んでようやく自宅サーバーに外部からアクセス出来る様になってブログを見ていただけるようになり、あわせて外部から自宅サーバーの各機能を操作できるようになりました。

光回線自体は変更ないのですが、何となく本当に「なんとなく」ですが接続が早くなったような気がします。

これでしばらく様子をみてもう回線が落ちない事を期待しています。

コメント

  1. DON さんへ、
    この光ルーターはいろいろ不具合レポートもあるようです。
    ネット接続は速さもそうですが、それ以上に安定性が重要です。
    うちでも、テレビにLANケーブルを繋いでいるのですが、
    「接続されていません」と出て動作出来ていません。
    テレビを観るのに支障はないのでそのままにしています。

  2. 凄いですね(^_^;)
    自分の家も光なんですけど、たまぁに誤作動してネットにつながらなくなったり、無線ランのプリンターやらファックスが使えなくなったりします。
    先日、テレビをネットにつなげようとしたのですが(-_-;)
    テレビの方の設定で何度トライしても!出来ませんでした。

  3. teruchan  さんへ、
    アナログ回線のピーガーから始まって、
    ADSL、光回線と進化してきましたが、
    今では動画やダウンロードを考えると
    光回線以外はありえませんね。
    teruchanさんが設定をされるんですね。
    すごいです!
    ウチは設定が複雑過ぎて業者ではやってもらえません。
    自分で設定した内容も、時間が経つと忘れてしまって困ることもありますよ。

    すなこ。 さんへ、
    手間と言えば手間ですが、
    こういう設定をやることも含めて
    自宅サーバを運営する楽しみでもあります。
    パソコンの設定も、パズルの謎解きみたいな楽しみもありますよ。
    でもとにかく回線ダウンだと自宅サーバーが
    外部から見られなくなるのが一番困ります。

  4. どもどもです(^^)
    作業お疲れ様でした。

    毎度メカ好きおじさんの作業っぷりには、
    me感動させられております☆
    meはほんとにニガテで、こげなことが、
    起こると、1人で発狂してしまいます(爆)

    meも回線が落ちない事を、
    祈っておりますです(☆0☆)

  5. 今となると回線ダウンは困りますよね。
    うちもPCもだけど、iPadにスマホにと光頼り。
    うちでは頑張って私が設定しますが、もて余すときは
    電話して遠隔操作とかして頂きました。
    全部ご自分で出来るって素敵!うらやましいです。

タイトルとURLをコピーしました