スポンサーリンク

ハーレー、ディーラー車検の準備

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 
来月末で私のハーレーも納車から丸7年が経ちました。

そして同時に三回目の車検になります。

バイクでもクルマでも車検となると、どこでやるかが話題になります。

メーカーのディーラー、近所の整備工場、そしてユーザー車検がその選択肢です。

料金もこの順番に高くなっています。

バイク車検ではユーザー車検を受ける方がずいぶんと増えてきました。

日頃から自分で整備していて、消耗品のパーツやオイル交換なども自分でやっている方なら、費用を大幅に節約出来るユーザー車検は大きな魅力でしょう。

私はクルマでもバイクでも車検はメーカーのディーラーに依頼しています。

自分でやるのが面倒、平日に休みを取って車検場に行くのが大変、ということもあります。

でもそれ以上に「餅は餅屋」でそのバイクなりクルマなりの整備を数多くこなしていて、故障の起こりそうな箇所やその対処方法も熟知しているメカニックの方にお任せするのが一番安心出来るからです。

今回のハーレーの車検も、購入したディーラーに依頼するつもで、その準備を始めました。

以下はディーラーで車検を受ける際の準備について書いたものです。

 

バイクでもクルマでも購入後一定期間経過後に車検を受け、合格しないと道路を走行できません。

ただしバイクの場合、排気量が250cc未満であれば車検を受ける必要がありません。

私も以前、中型自動二輪免許をもっていた時、免許上は400ccまでのバイクの乗れましたが、ずっと車検の不要な250ccまでのバイクを乗り継いできました。

車検を受ける時期は、一回目の車検は新車購入時は納車から三年目、二回目以降は二年ごとになります。

車検を受けられるのは満了日の一ヶ月前以降になります。

私のバイクの登録は2008年2月末ですから、今年の2月上旬に車検を受けられるようにディーラーに予約を入れておきました。

車検整備は点検項目やパーツやオイルなどの交換作業もありますのでそれなりに時間(日数)も掛かりますし、整備工場で点検・整備後、車検場に車両を持ち込んで検査を受ける日数も必要です。

ですから数日の間預けることになるので、歩いて行ける近所ならいいのですが、そうでない場合には自宅に戻ってくるための家族や友人にクルマかバイクで同行をお願いするか、今回の私のようにディーラーにその間の代車を手配してもらうためにあらかじめ予約しておく必要があります。

 

■事前に用意しておくもの

車検を受ける際に必要になるものを揃えておきます。

 ・車検証 ・・・ 現在の車検証

 ・自動車損害賠償責任保険証明書 ・・・ 納車時または前回の車検時に受け取った自賠責保険いわゆる強制保険の証書

 ・軽自動車納税証明書 ・・・ 毎年5月末頃を納付期限とした納税の証明書

書類として上記の三点が必要です。


 

もし、どれか一つでも書類を無くした場合には、再発行申請をします。

ディーラーや整備工場で代行してくれる場合もある(たいてい代行料がかかります)ので、まずは車検を依頼するところに連絡することをおすすめします。

車検証の再発行

 ディーラーや整備工場などに依頼する場合と、直接自分で印鑑や身分証明書等を用意して運輸支局で申請を行う方法があります。

自賠責保険証書の再発行

 保険会社に連絡し再発行の申請をしますが、どこの保険会社だったかは前回の車検の際に手続きをしてくれたディーラーか整備工場に連絡すれば教えてくれるでしょう。

納税証明書の再発行

 バイクの場合は軽自動車税納税証明書となりますので、市区町村役所の納税課で申請します。

 

それ以外に必要になるものとして、これも依頼するお店によって異なりますが、私の場合には車検の際に掛かる税金関係を「現金で」用意するように言われました。

自賠責保険(24ヶ月)13,640円や重量税3,800円、その印紙代などでしょう。

 

■車検を受ける前に行って整備と自分で出来るチェック・パーツ交換

昨年のうちに次のようなものはすでに交換、チェックしています。

・フロントブレーキオイル交換

・バッテリー交換


 

・前後タイヤ交換


 

・フロントブレーキスイッチ交換


 

それ以外に、今回の車検用の次のようなパーツも用意しました。


 

・プラグ交換

  昨年末にイリジウムにしたら始動性が極端に悪くなったので、新品のノーマルプラグに交換しました。


 

・エアフィルター交換

  だいぶ汚れていましたのでこれも交換します。


 


 

  ブローパイガスのホースも固くなっていましたので、これは車検の時に交換を依頼するつもりです。

・前後ブレーキパッド

  フロントブレーキパッドは昨年、自分で交換しました。


 

  リアブレーキパッドはタイヤ交換の際、チェックしたらまだしばらく乗れそうなのでこのままでいきます。

 

さて、だいたいのチェックは行いましたので、あとは後日ディーラーに預けてくるばかりです。

たぶん今回の車検は、10万円程度かと思います。

検査を受けてきたらその結果もまた報告します。

 

コメント

  1. 5Acorn さんへ、
    はじめまして!
    返事が遅くなってすみません。
    アメリカでは車検がないのはいいですね、
    うらやましいですよ。

    ボアアップの件ですが、
    正直いって私はそちらの方は詳しくないので
    正確なところはわかりません。
    でも日本の正規ディーラーでは、
    ボアアップオプションはやっていないと思いますよ。
    日本でもハーレーのカスタムショップでは、
    ボアアップや排気量の大きなエンジンへの載せ替えを
    やっているところがあるようです。

    コメント、ありがとうございました。

  2. 昨年からHeritage Classicに乗っているものです、偶然「メカ好きおじさん」のブログサイトを知り
    大変興味深く読ませていただきました。
    米国CA州住まいなため、車検はなくかかる費用は基本的には毎年の登録料(税金)のみだけなのですが、
    HD,ちょっと油断するとドンと修理費がかかりますので(こちらの工賃は$150/hです!)要注意です。
    実は我が96B、ハイウェーでの非力さが気になっておりStage2あるいはStage4のボアアップのオプションを
    考え始めています。ハーレーのディーラーで扱っている(合法改造)サービスなのですが、
    日本ではないのでしょうか?その辺、メカにお詳しい「メカ好きおじさん」の考え、経験談などを聞きたく
    コメントさせていただいた次第です。ちなみに私はメールアドレスにリンクしたGoogle+の「旅とバイクの良い写真」コミュニティーに
    ちょこちょこ写真をあげております。今後とも宜しくお願い致します。

  3. DON さんへ、
    ハーレー二台持ちならでは悩みですね。
    次回からは何とか工夫して自分でオイル交換くらい
    出来るようにがんばります。

  4. 二年ごとの車検のたびに諭吉さんが二十枚ほど飛んでいきます。
    我が家はオイル交換も部品交換もすべてディーラーさんで頼んでいたので、これ位は計算していましたが、ディーラーさんが無くなって、系列のバイクショップに依頼をして車検を取りました。来シーズンからはオイル交換も自分でやり、チェックだけは怠らずにと思っています(^_^;)

タイトルとURLをコピーしました