スポンサーリンク

ジュークにドライブレコーダーを付けたよ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

最近のクルマにはドライブレコーダが搭載されているケースが多いようですね。

カー用品売り場やネットのドライブレコーダーカテゴリーはかなり賑わっていますし、Youtubeにも事故や悪質な運転の様子がいっぱい投稿されています。

いざという時の事故状況の確認のためにもあった方が便利でしょう。

実際には交通事故における証拠、というか保険過失割合の算定の根拠としては参考にされないケースが多いとも聞きます。

でも無いよりはあった方がいいでしょうし、単純にドライブの記録としてもおもしろいかなと思っていました。

製品のことはよくわからなかったのですが、価格もネットやアキバのジャンク用品店などの2、3千円のものから数万円のものまで幅広くあります。

解像度がフルHDから640×480との違いが価格に反映するのはわかりますが、それ以外にも高額な機種にはGPSロガーと同様に走行データの記録が出来るものや、通常は録画せず衝撃が加えられた場合に録画されるものもあります。

衝撃反応型なら運転中だけでなく非搭乗時の盗難現場の録画なども出来るようです。

また前方だけでなく後方録画用のレンズがあるものもあるようです。

 

どれを選んだらいいかよくわからなかったので、価格コムで評価の高い割りに値段の安い機種を選びました。

ユピテル(YUPITERU)の「DRY-mini1」というものです。


 

130万画素で1280×720(720P)で録画出来、1.41インチのカラーTFT液晶も付いています。

仕様書では32GBのmicroSDカードで240分(4時間)録画可能とありますが、実際には32GBのメディアを入れても録画可能時間が「2時間47分」と表示されます。

大きさは手の平に隠れてしまうほどなので、裏面の液晶画面もかなり小さくなります。


 

録画内容を確認するというよりはどの範囲が撮影出来ているかの確認用といったところです。


 

ジュークのこの場所に取り付けました。

本当はもっと右に付けたかったのですが、そうするとルームミラーの長いステーが画面右に映り込んでしまうので右方向の確認が出来なくなってしまうので仕方なくここにしました。

この場所は雨の時にワイパーの拭き取り範囲から外れているのが気がかりですがそれも仕方ありません。


 

実際に撮影してみると事故の証拠用としてよりも、ドライブの記録としても楽しいものです。

少し離れるとナンバーの確認は少し難しくなりそうですが、広角レンズを採用しているドライブレコーダーでは仕方ないですね。

トンネルに入ったり出たりした時の明るさの急激な変化にも十分対応しています。

たまにエンジンスタートと連動しなかったり、メディアカードを入れ替えた時に起動しないことがありますが、そんな時は本体上部の「RESET」ホールにゼムクリップをまっすぐ伸ばしたものでクリックしてやると動くようになります。

 

実際に撮影した動画をご覧ください。

買ってよかったなと言える商品です。

 

コメント

  1. DON さんへ、
    事故の事を考えると、
    ドライブレコーダーは必需品ですね。
    でもこれを付けてから周りのクルマや自転車、歩行者を見ると
    けっこう交通ルールを無視している人が多いのが
    あらためてわかる気がします。

  2. ドライブレコーダーは我が家も使用しています。
    車とハーレーと行き来できるように結線は二つ用意しました。
    旅の記録にもなり、大切な家族を守る手段にもなりますね。

タイトルとURLをコピーしました