スポンサーリンク

ツーリング用にスタンドのパッドを買った

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ツーリングに行ってバイクを停める際、地面が固い場所なら問題ないのですが、柔らかい土とか砂利だとサイドスタンドがめり込んでしまい不安になります。
かたそうに見えるアスファルトだって、新しい場所だとこんな風にめり込んでしまうこともあります。

 

 
特に北海道のアスファルトは冬の雪に対応したものになっているので夏の暑さにはよわく炎天下だと柔らかくなってしまいます。
この写真は北海道ツーリングで帯広の六花亭本店に行った時のものですが、バイク用の駐車スペースには看板の注意書きと板が用意されていました。

 
そんな時は平たい石を探してスタンドの下に敷いたり、端切れの板を持っていくこともありますどうもスマートではないですね。

 

 
もともとハーレー純正の「スタンドコースター」という商品名のものは持っていましたがツーリング時に持っていくには少々大きすぎます。

 


今回買ったのは2りんかんもので大きさは12.6cm×8.2cmと割と大きめでしっかりした素材で出来ています。

 
黒や赤もありましたが忘れないように目立つ緑色のを購入しました。
裏面には溝が彫ってあるので滑りくくなっています。
ハーレーのように400kgを超える重量級バイクでも安定して使えそうです。

 
穴が開いているのでここに自分で用意したヒモを通しておけば、走り出す際にバイクに跨ったままでこのパッドを回収することができます。
夏の北海道ツーリングには必需品でしょうね。
 

コメント

  1. ziromei さんへ、
    そうですか、さすがですね。
    >網走刑務所の駐車場では。。。
    なるほどメモメモ。
    私は今年行く予定なのでチェックしておきます。
    情報、ありがとうございます。

  2. 私もかなり前から愛用してましたよ。
    特に、ツアラー系の時はバッグに携帯してました。
    網走刑務所の駐車場では、アスファルトにポチポチとめり込んだ後がありましたから(汗

    大変便利なグッズですね。

タイトルとURLをコピーしました