スポンサーリンク

Movable Type4ベータ版は時期尚早

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Movable Type4ベータ2を導入してみました。
まだ英語環境のままですが、待ちきれずにインストールしてみました。
使用した結果の結論からいうと「このままでは全く使い物にならない」です。
MT4.jpg

■まずインストール。
 導入方法は以前とそんなに変わらず、mt-config.cgi-originalから自分の環境に合わせて変更したmt-config.cgiを作成して、mt.cgiで設定。
設定中のブラウザからデータベースや最初のログイン名、パスワードを聞いてくるようになったのが以前と変わった所。
 インストールの時間自体は以前のバージョン(3.35等)と大して変わりません。

■エントリーの読み込み
 以前のバージョンからのアップグレードではなく、Movable Type4を新規インストールしたのですが、この過去のエントリーの読み込みの遅いこと!
以前のバージョンで同様の作業をした時の数倍の時間がかかってしまいます。

 さらにこの読み込んだエントリーの再構築がまた異常に時間がかかる!これも数倍以上の時間。

正直、この状態では常用することは無理です。すでに導入された方々は問題なく稼動しているのでしょうか?
少なくとも私の環境では継続不可能なので以前のバージョン(3.35)に戻しました。

コメント

  1. MovableType4beta3を試す(その1)

     ようやくですがMovableTypeの最新バージョン、「4」のbeta3をイン…

  2. MovableType4beta3を試す(その1)

     ようやくですがMovableTypeの最新バージョン、「4」のbeta3をイン…

タイトルとURLをコピーしました