スポンサーリンク

ツーリングで清瀬ひまわりフェスティバルに行ってきました

スポンサーリンク
スポンサーリンク

二週間ぶりのツーリングになります。

行き先候補を探すためにネットを見ていたら「ひまわり畑」というのが目に付きました。

ひまわりというと夏の盛り、7月8月のものかと思っていたら、種を蒔く時期で開花時期を調整できるそうです。

そのため、この時期に一面黄色いひまわり畑が見られるようです。

今この時期に開催されている関東近郊のひまわり畑で有名なのは、栃木県芳賀郡益子町の「ましこ町ひまわり祭り」(10ha)や山梨県北杜市明野「サンフラワーフェス」(60万本)などがあります。

でも今日は夕方から雨の予報、出来れば昼過ぎには戻ってきたいです。

そうなると規模は少し小さくなりますがそれでも24,000㎡の敷地に10万本のひまわりが咲いていて、ウチから割と近い東京都清瀬市の「清瀬ひまわりフェスティバル」に行くことにしました。

実は私は一面のひまわり畑というのをほとんど見たことがありません。

ポスターや映画などでよく見かけるのは、広大なひまわり畑の中で白いワンピースに麦わら帽子をかぶった女性が静かにたたずんでいる風景です。

妻に「ひまわり畑にツーリングで行くから、白いワンピースと麦わら帽子で一緒に行かない?」と聞いたところ、「なに、ソレ? そんなんでバイク乗れないし
第一そんな洋服と帽子持ってない」「だいたい今日はかなり暑くなりそうだから街中のツーリングには行かない」と断れてしまったので、ソロツーリングに決定です。

この会場は朝9時からやっているようですが、街中は渋滞もあるので少し早めに出発します。

清瀬市に近づいて志木街道に入ってくると、清瀬ひまわり畑の看板があちこちにあって迷わず進めるようになっていました。


 

清瀬のひまわり畑は毎年石井ファームさんと小寺ファームさんがご厚意で個人の畑にひまわりを植えて入場無料で解放してくださっているところです。

会場には駐車場はありませんが近くの清瀬市コミュニティプラザひまわりの駐車場と隣接するグラウンドが臨時駐車場として無料で停める事が出来ます。

着いたのは8時20分ころ、ここがコミュニティプラザの入口です。


 

自動車は入口から入ってすぐの所に停められますが、バイクはさらに右手奥の屋根付きの自転車置き場に置くように誘導されました。


 


 

炎天下のひまわり畑を歩いているとかなり汗ばみそうなので、帽子と首にタオルを巻いて水筒にアクエリアスを入れてカメラを持って歩いて行きます。

駐車場入口左手にあるグラウンドにはまだクルマが全然いませんでした。

ここを突っ切ってひまわり通りに向かいます。


 

グラウンドの端には注意事項がありました。

ネットの注意事項にもありましたが「畑内にペットを連れて入ることはできません」と書いてあるのに犬を連れて来ている方がいました。

広い公園ならともかく、畑の中の狭い通路でいきなり出くわすと犬がコワイという人にとっては逃げ場のない恐怖ということを理解してあげれば仕方ないですね、これで犬がダメな方でも安心して来られます。


 

入場料も駐車場代も無料なのでせめて清掃協力金だけ寄付させてもらいます。


 

このひまわり通りを通って行きます。


 

グラウンドを出て200mほど行った所で左手に曲がって畑の間に入って行きます。


 

その先を右手に曲がるとひまわり畑が見えてきます。

仮設トイレと駐輪場がありました。

ここに来るまでの道が狭くて駐輪場所も土なので、ハーレーでは来られません。

原付スクーターまででしょうね。


 

最初に出迎えてくれるのは黄色というより少し白みがかった品種のひまわりです。


 

売店や屋台が準備している間を抜けていくといよいよひまわり畑に入ってきました。

バイク置き場からは700m、6、7分といったところです。


 

駐車場から会場入口までのルートマップです。


 

入口には養蜂の説明ボードがありました。


 

入ってすぐのところに見晴らし台があります。


 

畑の中の歩いて行ける場所には土の上にシートが敷かれているので靴汚れをかなり軽減してくれます。


 

そしてここからはひまわり畑に写真をご覧ください。


 


 

これだけ広い畑だとトラクターも大型ですね。


 

モンシロチョウは留まってくれるの撮りやすいですが、アゲハチョウは飛び回ってばかり撮れませんでした。


 


 

朝家を出るときは完璧に曇っていて、ここに着いた時もまだ雲が多かったのですが、だいぶ晴れ間が出てきました。

やはりひまわりには青空と白い雲ですね。

コレコレ、こういう風景がポスターなんかになって夏の日をイメージさせてくれますね。


 


 


 

こういう方の服装(白ワンピに麦わら帽子)がイメージなんですけど。。(笑;


 


 

だいぶ人出も増えてきました。


 


 

ひまわり畑の途中にも駐輪場と休憩所がありました。


 

黄色いひまわりと赤と水色の家


 

10時になると入口近くの場所でフラダンスが始まりました。


 

ちびっ子達のフラや、


 

本格的なお姉さん達、


 

それにソロの子供達


 

会場内で私が歩いたルートです。


 

時間が経つにつれ段々と晴れてきたので会場内を何度も回って撮影していたので、1時間45分くらいもいてしまいました。

おかげで首に巻いたタオルも汗でぐっしょりです。

人も多くなってきたのでここらで引き上げます。


 

会場外ではひまわりの切り花(100円)やミニひまわりの鉢植え(200円)なども売られていました。


 

私は暑かったのでかき氷(100円)でクールダウンです。


 

帰りも街中を通ってきましたが、片側一車線で動いたり止まったり、ノロノロの連続でもう少しでハーレーのエンジン熱で水ぶくれになるところでした。

バイク用品店に寄ってこようかと思っていたのですが、あまりの暑さに自宅にまっすぐ帰りました。

ぎりぎりお昼前に帰宅、バイクを水拭きしてすぐにシャワーを浴びてようやく落ち着きました。

朝、体重を量ったところから1.7kgもやせていました。

まあ、昼夜としっかり食べたのですぐに戻ってしまいましたが、ハハハ。

ここの清瀬ひまわりフェスティバル、今年は8月16日から8月30日までの開催です。

お近くでしたら行ってみてはいかがでしょうか。

ただし暑さ対策と渋滞対策はお忘れ無く。

それから私が帰る時には駐車場もだいぶ埋まっていました。

出来れば早めに行かれた方がいいみたいですね。


 

コメント

  1. isaboten さんへ、
    まあ予想どおり妻にははっきり断られてしまいました(泣笑;
    でも当日のひまわり畑には実際にこんな格好のモデルさん撮影会や
    コスプレで撮影されていた方もいるようでした。

    妻はバイクの免許はないのでわが家のツーリングはタンデムです。
    年間50回ほどのツーリングのうち30回くらいはタンデムで出かけていますヨ。
    タンデムしやすい為にこのハーレーを選んで、
    さらに泊まりや長距離タンデムでも乗りやすいように、、
    タンデムシートやステップ、タンデムグリップなどを自分で改造しました。

    そろそろ秋の気配が近づいてきているようですね。
    ツーリングにも最適なシーズンになってきました。

  2. メカ好きおじさん、(。・・)ノぉはょぅございます♪
    奥さまをツーリングに誘う言い方 めちゃいいです グッ(و’ω’)و✧
    イメージは めちゃわかりますが それでは 乗れないですよね (笑)
    奥さまも 乗られるんですか? タンデムなのかな?
    ステキなひまわり畑 一緒に見れたら 良かったのにね (;´v`)
    こんぺいとうにとまってるモンシロチョウ isaboten、 虫 を見つけると ついつい観察してしまいます(`・ω・´;)じー
    黄色いひまわりと 赤と水色のお家 ハガキにしてほしぃです♪。.:*・゜
    朝夕 涼しくなり 秋が近くなってきました
    秋桜畑にも 行かれるかもですね (((o(*゚▽゚*)o)))

タイトルとURLをコピーしました