スポンサーリンク

北海道ツーリングに行ったらぜひ走ってほしい道

スポンサーリンク
スポンサーリンク

毎年この季節に行っていた奥さんとのタンデムでの「北海道ツーリング」
今年は行かれませんが、北海道を走る機会があるライダーの方にはぜひおすすめの定番の絶景コースです。
北海道はどこを走っても青い空と海、雄大な緑の大地を感じることが出来ます。

フェリーで小樽から北海道に上陸して反時計回りに海岸線を辿っていくと、まず味わえるのがオロロンラインです。
天気に恵まれれば左側の日本海と右の大草原、そして都会では見られない真っ青な空、どこまでもまっすぐ続く道。

さらに進むと左手に利尻富士、右手はサロベツ原野が広がります。
信号もガードレールも何もないまっすぐな道、最高です。

オロロンラインのハイライトは何といってもオトンルイ風力発電所の風車群でしょう。

最北端の宗谷岬で折り返して今度は左手に太平洋を望みながら南下してきたらぜひエサヌカ線を走ってください。
こちらもどこまでも同じ風景が続くまっすぐな道、オロロンライン以上に「何もない」を堪能できます。
でもエゾシカの飛び出しには注意してください。

網走に近づいてきたらちょっと寄り道をして能取岬に向かうことを強くオススメします。
林の中を抜けると急に視界が開け青い海にダイブするように吸い込まれていった先には、草原にポツンとたたずむ灯台が待ち受けています。

少し内陸に入ると美幌峠で見下ろす先にある屈斜路湖、そこに向かって伸びる道をこれから走るかと思うとワクワクしてきます。

ちょっとズレますが就実の丘に向かう道もまたぜひ走りたい道です。

知床半島を西から東に横断する道路、10年前に最初にツーリングで行った時は雨が降っていて寒かったです。
でもそのお陰でこんな雲海の風景に出会うことが出来ました。

その後のリベンジでは晴れていて羅臼岳をバックに走ることが出来ました。

内陸ではやはり三国峠超えのこの橋を忘れる訳にはいきません。

場所は変わりますがニセコのパノラマラインに向かう道ではエゾ富士の羊蹄山が迎えてくれます。

北海道で走ってほしい道はまだまだいっぱいありますが、メジャーなところいくつかピックアップしてみました。
今年北海道へ行かれる方にはぜひオススメの道です。
安全運転でいってらっしゃい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました