スポンサーリンク

北海道ツーリング最終日苫小牧から商船三井さんふらわあで帰ります

スポンサーリンク
スポンサーリンク

奥さんとタンデムで北海道ツーリングに行ってきたのは7月、もう2ヶ月以上経ってしまいました。
ツーリングレポートの掲載もなかなか進まずこんな時期になってしまいましたがようやく最後の章をまとめる事ができました。

※動画を先に掲載しておきますが、ぜひこのブログに戻ってきて記事もご覧くださいね。

北海道タンデムツーリングの最後、札幌市内観光を終えて駐車場からバイクを引き取りいよいよ北海道フェリーも終わりに近づいてきました。
札幌からは道央自動車道に乗って高速移動。
最後のSAで休憩です。

目指すのはフェリーターミナルのある苫小牧です。

以前、新日本海フェリーで苫小牧から乗った時は東港フェリーターミナルでしたが、今回の商船三井の船は西港の方にあります。
間違えないようにしないと。

フェリーターミナルに入ってからも結構走っていきますが、いろんな方面のフェリーが出ているんですね。

少し早かったかなと思いましたがすでに多くのバイクが停車していました。

ネットで予約した時のQRコードで事前発券機で受付します。

そこから出てきた紙のタグをハンドルに巻いておきます。

大洗行きの商船三井は18時45分の出航です。
今回こちらのフェリーを選んだのは今までの6回の北海道ツーリングはいずれも新日本海フェリーだったのでこの船に乗ってみたかったのと出航が少し遅いので最終日にゆっくりできるかなと思ったからです。
でも結局札幌ではそんなに観光する時間はなかったのですけど。。

まだ乗船までは時間がありましたがこちらで待っています。
徒歩で乗船する奥さんはターミナルビルの待合所で待機していました。

最初にフェリー後部からトラックが入っていきました。

ようやくバイクが乗船する時間になりました。

でもフェリーの近くまで行ったところでまた待機、結局予定よりかなり遅れてしまいました。

さんふらわあの乗船風景は掲載しているYoutubeの動画で見たいただくとして船内をかなりぐるぐると回ることになりました。
事前に他の方の動画で勉強させていただきましたので大丈夫でしたけど。

今回バイクを停めたのは2階のグルーンデッキでした。
ここから部屋のある7階まで移動します。

船内案内図です。

フェリーのレストランやショップなどのスタッフは掛け持ちでやっている関係で常に営業している訳ではないので開いている時間をチェックしておくのは重要です。

乗船記念のスタンプを押してきました。

泊まった部屋はこちらの7A06プレミアム(洋室)、陸地側の部屋を選びました。

部屋の紹介です。
中はビジネスホテル並の個室、毎回ちょっと贅沢ですが還暦をとうに過ぎた高齢の夫婦なのでゆっくり休める部屋が必須です。

外には専用のバルコニーがあり、夏にはデッキチェアとテーブルが用意されています。
天気がいい時は海をのんびり眺めながら潮風に吹かれていられます。

室内にあったコーヒーのパッケージもさんふらわあです。

アメニティの充実度は国内フェリーとしてなかなかのモノで商船三井のタオルが付いているはウレシイですね。

この個室には浴槽付きのお風呂があります。
地中海クルーズで乗った大型船にはシャワーしかありませんでしたがさすが日本の船には浴槽があるのがいいですね。

でもここはやはり大浴場に浸かってゆったりしてきます。

帰りに売店に寄ってお土産や食料をゲットしてきました。

船内の飲料自販機の価格はコーラやジュース系が160円で水は120円とまあ良心的でした。

フェリーの現在位置はテレビで確認できます。

初めての船なので船内を見学してきました。

ドッグランも備わっていたのですが利用している方はいないようでした。

多くの方が外の見えるこちらでくつろいでいました。

泊まった部屋の個室の外はこんな感じです。
新日本海フェリーだとバルコニーのすぐ外が船壁で海なのですが、さんふらわあはバルコニーの外に避難通路があって通常は出られないようになっています。

この時は晴れて海もおだやかなのでデッキチェアでのんびりしていました。
フェリーに乗る時の服装は、短パンにサンダルは必需品です。
手すりにぶら下げている白い四角いものは航路を記録するGPSロガーです。

せっかくなのでパネルの前で記念写真を撮ってみました。

大洗港に着いた時は小雨が降っていました。
あぁ、雨の中を帰るのは気が重いですね。

こちらは徒歩で下船した奥さんが撮ってくれました。
まだバイクが降りてくる前です。

その頃、ようやく船内アナウンスでバイクの下船準備が促されました。

天井に格納されていたスロープが降りてきました。 かっこいい!

こちらのフェリーからの下船風景もYoutubeに載せていますのでご覧ください。
濡れた床に転ぶこと無く無事に下船できました。

奥さんの待っているフェリーターミナルにきました。
今回タンデムで乗ってきたのはウチと隣に停まっているハーレーのご夫婦だけでした。

他の方よりだいぶ遅れてフェリーターミナルを出発しました。
雨はほぼ止んでいたので助かりました。

と思っていたら高速に乗ってしばらくすると結構な雨に降られてしまいSAに逃げ込みました。
ここに停まっていたバイクのほとんど方が大きな荷物でいかにも北海道ツーリング帰りという感じでした。

さらに追い打ちを掛けてきたのがこの真っ赤っ赤な渋滞です。

このまま進んでも渋滞にハマるだけなので一旦高速を降りてルート変更しました。

帰宅時刻は結構遅くなりましたが今回も無事故無違反そして無転倒で無事に北海道ツーリングから帰ってこられました。
今年復活したホクレンフラッグとステッカーです。

翌日には途中で送っておいた着替えなどの荷物も届き、汚れてしまったバイクをきれいに洗車してあげました。

バイクに乗り出して34年目の2012年、奥さんに背中を押され初めての北海道ツーリングをタンデムで行って以来、その魅力に取り憑かれ今年で10年目、7回目北海道ツーリングとなりました。
さすがにこれだけはしってくれば自分としてもそれなりに満足出来ましたし、さすがに段々体力的にもタンデムでの長期間のツーリングもしんどくなってきました。
去年の北海道ツーリングの時には「これが最後」と言っておきながら結局今年も行ってきた訳ですがホントウに今年が最後になると思っています。
いままでいろんな絶景と楽しい走りを味わせてくれた北の大地、ありがとう!

そして一緒に走ってくれた奥さんに感謝しかありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました