スポンサーリンク

北海道ツーレポNo11さらば北海道-サホロから苫小牧フェリーへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

奥さんとタンデムで行く北海道ツーリング5日目、7月12日です。
今日が北海道を走る最終日です。

サホロのホテルに泊まり、ベア・マウンテンでヒグマを観てきた後は、苫小牧に向けて走り出します。
時刻は11時半過ぎ、ホテルでしっかり朝ごはんをいただいたのでまだお昼ごはんには早いでしょう。
ベア・マウンテンではずっと曇っていましたがほんの5分もしないうちに青空が戻ってきました。
ホウキでササッと履いたような雲がおもしろいですね。
左の方に山に掛かっている雲が気になりますが、

昨日はあれだけ晴れて最高の眺めを見せてくれた狩勝峠も、今日は雲の中です。

でも峠を降りてくるとまたこんな空が出現。
北海道のこの景色をずっと目に焼き付けておきたいです。

国道38号線を西へ進んだ後、途中で道道1117号線、136号線を南下します。
この道は根室本線に沿って走った後、今度は上落合信号場で分岐している石勝線に沿って走ります。

トマムICから道東自動車に乗ります。
占冠PAで一休みしながら、ここは夕張に近いのでもちろん夕張メロンソフトをいただいちゃいます。
メロン自体がおいしいのは当然ですが、なんと言っても北海道のミルクを使ったソフトクリームは絶品ですね。

こんな感じで高速道路を走っています。
関東近郊の高速道路では片側1車線などありませんが、北海道ではそれが当たり前のようにあり、しかも中央分離がポールだけの対面交通も普通です。
だから一台遅いクルマが前にいると追い越しも出来ずに後ろにズラっと並んじゃいます。 北海道ではそれが「渋滞」です。 ひどい時にはトンネルに入った途端に最低速度を下回る40km/h台で走るクルマまで何台も出会いました。

あまり遅いクルマの後ろにいるのも疲れるので適当に休憩タイムを取ります。

北海道ではPAはもちろん、SAでもレストランなど併設されていないところが多いので、食事ではなくゆでとうきびをいただきます。

今回は千歳まで行かずに追分町ICで高速を降りて下道を行きます。

ノシャップ岬のブイを利用した「無事カエル」のさらに大きい版ですかね。

苫小牧に着きました。
ここのフェリーターミナルは二箇所あるとの事で、新日本海フェリーは苫小牧東方面なので間違えずに進みます。

その前にここで遅めのお昼ごはんをいただきました。
ずらっと並んだお寿司。

そして生牡蠣、写真の色は少し変ですが味は最高でした。

柳月でフェリーの中で食べるお菓子も買っていきます。

それにしても苫小牧の道は片側四車線もあり、先程の高速道路とは大違いにゆったりしています。

フェリー乗り場に行く前に、ホクレンに寄って給油と最後のイエロー・エリアフラッグをゲットしました。 これで四エリア四色すべてゲット、コンプリートしました。

苫小牧のフェリーターミナルに到着しました。
今までは毎回小樽港から乗船していましたが、今回は19時半出港と、小樽より2時間ほど遅いこちらの港を利用してみました。 そしてここから出る新日本海フェリーは新造船ではなく以前乗っていた船となります。

ここからの航路は途中で秋田に寄って行きますので行き先を書いた紙を渡されました。

私が着いた時はバイクは6台だけ、新潟で降りるのは私のほかにもう一台だけのようでした。
新潟から北海道に来た時はバイクは70台近くいましたが寂しい台数です。

フェリーが入港してきました。

今回乗るのはらいらっく号です。

フェリーターミナルの待合室で待っているとクルマが降りてくるのが見えました。
右端の方に見えるのは船内清掃のゴミをデッキから下の収集車に落としているところです。ネットが斜めになってゴミをキャッチしています。

待ち時間が長かったのでこちらのモトグッチ乗りのライダーさんといろいろお話をしていました。
モトグッチを何台かもう30年以上乗られているそうで、今回が初めての北海道ツーリングだったそうです。 でも途中からバイクが不調となり小樽まで行けずになんとかここまで来てフェリーに乗って帰るとの事でした。 無事に帰られたでしょうか。
顔出しOKはいただきましたがボカシを入れておきました。

フェリーは定刻どおりの出発、バイクと旅客はクルマより先の18時45分乗船です。

その後、日が落ちてきて私の後に二台バイクがやってきました。

乗船時刻になりました。 バイクも台数が少ないのでゆっくり乗れます。

と、後ろを見るとバイクは一台だけ。 後の方はどうしたのでしょうかね。

旧型フェリーなのでバイクの駐車場所は壁面です。 間もゆったりしています。

客室に向かいます。 こうして写真で見るとやはり新造船と比べると古臭さがありますね。

 ※本日の走行距離:174km

北海道最終日の走行ルートです。

コメント

  1. モトグッチ乗りです さんへ、
    オオォォォ!! お久しぶりです。
    コメント、ありがとうございます。
    どうされたかとずいぶん気になっていました。
    無事にご帰宅そしてバイクも復活されたとのこと、
    ほっとしました。

    ぜひ来年も北海道ツーリング、リベンジしてください。
    きっと、今年以上に北の大地を走るすばらしい感動を
    与えてくれると思いますよ。

    またいつか、どこかでお会い出来たらステキですね。

  2. あの時は色々とお話しありがとうございました。あれから夜中の便で敦賀に向かいました。敦賀港には福岡県からグッチの主治医が来てすでに待ってました。それから福岡県までとんぼ帰りでした(笑) 。先週、修理が終わりルマン1000は我が家に帰ってきました。やっと北海道ツーリングか終わった感じです。もちろん、来年リベンジです!
    またお会いできるといいですね。

タイトルとURLをコピーしました