スポンサーリンク

FLSTCにファントムフェアリングを取り付け ~取り付け編~

スポンサーリンク
スポンサーリンク

無事、塗装も完了したので、いよいよFLSTCに取り付けます。

フェアリング本体に組み付けるステー自体は前に組み立て済みで車体のナセルに付けるデタッチャブルステー金具も設置してあります。

fearing

このナセル取り付けのプレートは、ファントムフェアリングを取り付けた際、ノーマルのままでは、スポットランプやウインカーが当たってしまうのを防ぐためこららのライトの位置を前方にずらすためのものです。
写真の右が純正(青い線)の距離を左の新しい金具の交換し赤い線の長さだけ延長します。
当然、そのためには一旦、スポットランプやウインカーを外す訳ですがこれがちょっとだけ手間取ります。

fearing

まず、ウインカーステーのネジをヘクスレンチで緩めます。

次にスポットランプのユニットを外します。
リムを固定しているネジを外します。
スポットランプの電源コードは、マイナス側は本体にアースされていますがプラス側は「ハーレー本体」-「黒チューブ内」-「ウインカーステー」-「スポットランプ」と繋がっています。

fearing

スポットランプとウインカーを外すためにはウインカーステー内にある穴あきのボルトをゆるめるのですがそのためには一旦先ほどのプラスケーブルを切断する必要があります。
ボルトをボックスレンチでゆるめスポットランプとウインカーを外します。

キットに付属していたスポットランプブラケットを、オリジナルの固定用ボルトで取り付けます。
ブラケットに外したスポットランプとウインカーを逆の手順で取り付けます。
この時、スポットライトの光軸調整をしながらボルトを締める必要があります。
ウインカーはまあ大体前方を向いていればOKでしょうがスポットランプは対向車にまぶしくならないように配慮する必要があります。

ランプユニットが取り付け出来たら、切断したスポットランプのプラス線を接続します。
今後、再度調整する事も考え、エレクトロタップで繋ぎました。

余談ですが、このキットではオリジナルパーツをそのまま活用するものと新しいパーツが入っているものがあります。
フェアリング本体のデタッチャブル部分をスプリングで押さえるパーツはバネだけが入っていてスペーサーとボルトはオリジナルのものを使います。
このパーツだけがあれば、元のウインドシールドと新しいファントムフェアリグをパーツの移設なしで付け替えが簡単にできます。

それでこのパーツを作ってみることにしました。
用意したのはM6×30mmボルトと13φ、18φのワッシャー、袋ナットです。

fearing

オリジナルパーツと同じにするためワッシャーを重ねて使います。
これにキット付属のバネを組み合わせます。

fearing

デタッチャブルのステーに取り付けました。

fearing

ここまで済んだら、あとはいよいよ、フェアリング本体の取り付けです。
フェアリング本体をこのスポットランプブラケットに取り付けます。
塗装の済んだフェアリング本体に、ショートスクリーンと専用取付けプレートを付けます。
ヘッドライトとあたる部分には、同梱の淵ゴムをつけて保護します。

本来は「デタッチャブル」なので簡単に取り付けられるはずなんですが私の場合にはなぜかそのままでは取り付け出来ませんでした。
どうしてもフェアリング本体下部のアーチ部分がヘッドライトとぶつかってしまうのです。

仕方ないので、一旦フェアリング本体からショートスクリーンと専用取付けプレートを外してプレートだけスポットランプブラケットに取り付けます。
ここだけなら簡単に「デタッチャブル」できます。
その後に、フェアリング本体とショートスクリーンを固定して完成です。

【追記】
  後日、淵ゴムを前後逆にして強く押しこんでみたら、
  ヘッドライトとぶつかる事が無くなって「デタッチャブル」出来ました!

できあがりはこんな感じです。

fearing

fearing

どうでしょうか。
ツーリングファミリーのヤッコカウルと同じような感じです。

fearing

fearing

インナーパネル側はツヤ消しの黒に塗装しただけですのでちょっとばかり寂しいですが、余計なモノが付かないだけフロント周りが重くならなくていいかなと思っています。

fearing

最後に外してあったヘッドライトとスポットランプのトリムバイザーを取り付けました。

fearing

このフェアリングを付けて少しだけ走ってみました。
つけて最初に乗った時は、何となくフロントが重いという気がしましたがこれはあくまで気のせいですね。
実際にそれほど重い訳ではないです。
でも今までより前面直下の路面が見えないだけ、威圧感がありました。

心配していた走行風も一般道では問題なさそうです。
純正のウインドシールドより、高さが若干低いので頭に風がくるのではと思っていました。
私の身長は170cmですが、普通に座っている限りは顔には風があたりません。
少しだけ頭の上に風がくるのと背筋を伸ばした姿勢や腰を軽く浮かすと顔に風が当たります。
高速道路や後ろの人への影響は後日、試してみます。

ところでこのフェアリングを取り付けるとノーマルのウインドシールドと比べると全高と全幅が変わってきます。
車検の時にはどうなのか、ディーラーで聞いてきました。
答えは、「簡単な改造申請を出すだけで出来ます。費用は5,000円位です」との事でした。
純正のウインドシールドに簡単に交換出来ますのであえて改造申請しないでいいかなと思っています。

最後に、取り付けまでいろいろ迷いましたが結果的には付けて大正解だったと思います。
これでますます、私のFLSTC、ヘリテイジが好きになりました。

コメント

  1. エルグさん、
    ありがとうございます。
    黒一色で塗装しましたけど、やはりタンクやフェンダーのように
    シルバーのラインくらいは入れたくなりますね。
    塗装でやる前に、
    まずはテープでやってみて感じをみてみようかなと思っています。
    ボルト締めは必要なデタッチャブルですが(笑;、
    付け替えができるのはよかったと思います。
    エルグさんのは105周年カラーなんですね。
    それだと塗装合わせは費用がかかりそうですね。
    でも2色だけならそれほど掛からずにできそうですが。

    弾正さん、
    もともとファントムフェアリングは付けたかったのですが、
    なかなか思い切りませんでした。
    そんな時、弾正さんの「ウルトラ買い替え」を聞いて、
    私も一度は乗り換えも考えましたが、
    結局ヘリテイジで行こう!と決め、
    フェアリングを買う決心が出来ました。
    今回、それほど難しい作業はなかったですが、
    やはり「ボルトオンのポン付け」とはいかない世界ですね。
    でも確かにそれも含めて楽しかったですね。

    NORIさん、
    前から見るとそれほど違和感はないですね。
    よ~~く見ると、タンクやフェンダーのような
    平滑な塗装面になっていないのがわかりますが、
    気になるほどではないです。
    まあ、ハーレーのウン十(百?)万円の塗装とは比較になりませんね。
    お金を掛ければもっと綺麗になるのでしょうけど、
    私にはこれで十分です。
    ただインナー側はなんとかしたいですね。
    出来れば、小物入れとかを自作してみたいですね。

    オノジさん、
    やはり直接のキッカケはオノジさんのブログと
    実車を見せていただいた事にあります。
    あの雰囲気を見たら、どうしてもやってみたくなりました。
    ただ、オークションでフェアリングを買っても、
    ステーの加工に溶接や厚金属加工に自信がないので、
    キットで手を打ってしまいました。
    あとは、オノジさんほどではないですが、
    メーターの増設も出来たらいいなと思っています。
    今後とも参考にさせてもらいますのでよろしくお願いしますね。

    バイクおやじさん、
    ありがとうございます。
    自分でやったのは、取り付け工賃をケチったのと、
    せっかくの取り付けの楽しみを味わいたかったからです。
    まだ、バイクは入院中ですか?
    直ったらまたご一緒しましょう。

    アテさん、
    塗装は一色で、それほどの完成度の高さを求めなったので
    1週間ほどであがってきました。
    変更申請いらないんですか?
    私はこのカウルを付けてディーラーで聞いてきたのですが、
    お店によって見解が違うのでしょうかね。
    まあ、まだ車検まで時間がありますね。

    リュウキさん、
    いえいえ、リュウキさんこそ、素敵なカスタマイズしてますよね。
    いつも参考にしてます。
    お見せしに行きたいですが、ちょびっと遠いですね(笑;
    たしか九州にもヘリテイジにファントムフェアリングを付けている方が
    いらっしゃいませんでしたっけ?

  2. 黒のファントムフェアリング・・最高に似合ってますね!
    先を越されちゃったみたい・・

    さすがメカ好きおじさん、自分で加工するなんて・・
    凄すぎます!
    近くで見てみたいなあ~

  3. 塗装、早くできましたね。
    装着おめでとうございま~~~す。(^^)ノ
    ところで、今回のカウルで全高と全幅が変わっても、取り外し可能な物に関しては、改造申請の必要はないという覚えですが..。

  4. かっこいいですね。
    それにしても自分で取り付けちゃうなんてさすがです。
    ぜひ実物が見たいです。
    私のバイクが帰ってきたら、是非ご一緒してください。

  5. メカ好きさん こんにちは

    ついにヤッコ・カウル着けましたね、おめでとう御座います♪

    いつかは着けると思っていましたよ(笑)

    バッチリ着いてカッコ良いです、機能的にも楽ですよね!
     

  6. やっぱ違和感なくついてますね。

    工夫をして元のウインドシールドと新しいファントムフェアリグをパーツの移設なしで付け替えが簡単に出来るようにするところがさすがですね。

  7. 凄い!
    こういうことを一人で出来るって凄いですわ~。
    当方には到底ムリなので、無理やり組んでいくしか方法がないです。(´ε`;)

  8. いいですね~、やっこカウル。
    黒だと迫力が増しますね。
    カッコイイ!!

    多少手間は掛かるようですが、
    気分次第でノーマルのFLSTCと、やっこカウルが使えるのは魅力ですね。

    私のFLSTCは105thなので、
    やっこカウル付けると派手な感じになるのかな?なんて想像してみました。

タイトルとURLをコピーしました