スポンサーリンク

芦ヶ久保駅と秩父食堂ツーリング

スポンサーリンク
スポンサーリンク

これも、自宅サーバーが落ちていた時のツーリングのはなしです。

3月中旬、いつも秩父にタンデムで行ってきました。

この時は花粉の真っ盛りで杉の木は茶色に染まって重そうでした。 写真を見ているだけでも目が痒くなって鼻がムズムズしてきそうです。

道の駅あしがくぼに着きましたが、今日の目的は別の場所にあります。
もうかなり長いこと何度もここに来ていますが、今まで一度もすぐ上を走っている西武鉄道の芦ヶ久保駅に行ったことがありませんでした。

食堂の横の階段を上がっていくと駅はすぐそこです。

初めて見る上からの道の駅あしがくぼです。

これが芦ヶ久保駅の駅舎です。

なぜ今回ここを訪れたかというと、今年の冬はあしがくぼ氷柱祭りが何度もテレビで紹介され、その都度この駅から降り立つ様子が流れていたからです。

改札はこんな感じで、通勤とかでも利用する人はそう多くないのでしょうね。
ネットで調べてみると、2017年度の1日平均乗降人員は478人で、西武鉄道全92駅中89位。 20年ほど前には900人近い利用があったようなので減少しているのでしょう。
パスモのタッチパネルが縦になっているんですね。

駅前の広い駐車スペースには売店と食堂がありましたが休業中となっていました。

ホームには電車を待つ女性が一人いました。

電車が来ました。
時刻表を見ると1時間に2本くらいのようでした。

駅から降りていく階段のところにはこんなユニークな看板が掛かっていました。
ここから登山道に入っていく人も多いようで、登山届のBOXも設置されています。

駅の窓口で熊除けの鈴を売っているのもすごいですね。

その後は、お約束の道の駅あらかわを回り、

近くの山の上にはまだ雪が残っているのを眺めて、

道の駅ちちぶにやってきました。

今日のお昼はここでいただきます。
道の駅の中にある「秩父食堂」です。 昔ながらの大衆食堂の雰囲気満載です。

注文したのは「おっきり込みとわらじカツ丼セット」と、

「おっきり込みと豚みそ丼セット」です。

わらじカツは「秘伝のタレでつけてあります」というとおりなかなかの味で、豚みそ丼の方は、野さかのように炭火で焼いていないので香ばしさこそ足りませんが豚肉に臭みもなく柔らかくてこれはこれでおいしいです。
どちらも昔懐かしいおっ切り込みうどんが付いてボリューム満点でした。

と言いつつ、帰宅後はしっかりイチゴのデザートもいただきました。

コメント

  1. ziromei さんへ、
    こんばんは!
    ziromeiさんのブログはいつもチェックさせて
    いただいています。
    元気に走り回ってますね。

    秩父はもう少し花粉が飛びそうですので要注意です。
    4月末から5月GWは、羊山公園の芝桜見物での
    渋滞が発生しますので、この時期は避けた方がいいですよ。

  2. ご無沙汰で御座います。
    秩父も春本番でしょうか?
    花粉に弱い我が家ですが、そろそろ秩父へ徘徊しに行こうと思っております。

    カミさんのチッコイバイクも良いのですが、道中心配なのでやっぱりハレでしょうかね(笑

タイトルとURLをコピーしました