スポンサーリンク

自作パソコンと自宅サーバ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

以前ほどは熱中していませんが、
少し前までハマっていたのが「パソコン」

pc-lineup.jpg

最初に「コンピュータ」に関するものを触ったのが、
1980年頃のシャープの「ポケコン」
dosのコマンドをキーボードから打ち込んで関数計算とかを
自動化して使っていました。

その次が「MSX2」。
これはどちらかというとゲーム機に近いようなもので
雑誌等に掲載されたプログラムを手で入力して
保存はカセットレコーダーの「ピー、ギャー」という音声で
バックアップしていました。

その後、しばらく遠ざかっていましたが、
Windows95がブレイクした翌年の春、
初めてちゃんとしたPC機(DESKPOWER)を購入。
すぐにメモリ・ハードディスクの増設に始まって
オーバークロック、CPUの乗せ替え等で自作にハマり、
以後はデスクトップ機はすべて自作機で、
ピーク時には15台以上の自作機、4台の自宅サーバが
稼動していました。

今は少し落ち着き、自作もほとんどしなくなりました。

パソコン、自宅サーバで何をしていたかというと、
・写真のレタッチ、合成
・動画の編集(もう12年以上やっています)
・サーバ機にはLinuxを入れて、web・FTP・メール・SSH等を運用、
・ライブカメラ、webサイト、ブログを配信しています。

さすがにいろいろやって、次の趣味として取り組んでいるのが、
昔乗っていたバイクにリターンすることでした。

その話はまた今度。。

コメント

  1. ミジンコさん、
    私のMSXは2の方で、SANYOのでした。
    会社で受講したBASICパソコンの通信教育の教材でした。
    え~っ、FM-TOWNSはマイナーじゃないと思いますけど。
    主流はNECでしたけど、マルチメディアを先取りした富士通は凄いと思います。
    私もNiftyのフォーラムからネットの世界に入りました。
    まあ、昔ハマっていたアマチュア無線も「チャット」みたいなものですね。

  2. 自分が初めて触ったパソコンは、叔父所有のSHARP MZ-1600(かな?)
    初めて購入したのが、SONYのMSX、MEZZO。これは痺れるデザインでした。
    その後は、FM-77AV、FM-TOWNSとマイナー路線一直線です。
    TOWNSは、当時始まったパソコン通信『Habitat』に興味があったからです。
    Windowsの時代になってからは、パソコンを持つ歓びは感じなくなってしまいました。
    でも、ネットで知らない世界と繋がる歓びは、その頃からずっと続いているかも?

タイトルとURLをコピーしました