スポンサーリンク

GPSロガーigot-Uの@tripで地図が表示出来ない件の対応

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ツーリングの際には欠かさず携帯して軌跡のログ取りをしているGPSロガーですが、私の使っているigot-Uの専用ソフト@tripで、今月上旬から地図が表示出来ない症状が発生していました。

ソフトを立ち上げ、ケーブルでigot-U本体と接続して、記録したログデータは取得出来るのですが、これを@trip上で地図に表示する事が出来なくなりました。

今月9日に行った秩父・甲府ツーリングの際のGPSログデータの地図は、@tripで取り込んだデータをフリーソフトの「轍」に読み込んで地図を作成、これをキャプチャして貼り付けたものでした。

突然地図が表示出来なくなったのはどうやらGoogle Maps の仕様変更が原因だったようです。

3月15日Mobile Action からの@trip修正版(ベータ)が公開されていましたので、早速自宅のパソコンでダウンロードしてインストールしてみました。

インストールする際には、注意書きにもあるように「前のソフトはアンイストールせずに上書きインストールする」事が大事です。

途中でigot-U本体のドライバをインストールするのですが、この時途中で本体を接続するように求められます。

私はi-gotU の GT-120、GT-600、GT-800Proと三つを使用してドライバも入れていますが、この修正版のドライバインストールでは、GT-600を接続しても反応せず先に進めませんでした。

GT-800Proを接続すると本体を認識して、インストール作業が続行されました。

新しくなった@tripの使い勝手は前と同じですが、ようやく地図が表示されるようになりました。

igotuatrip

そして3月18日に正式な修正版がアップされました。

@trip修正版

 

これでようやく安心して使えるようになりましたね。

 
 【関連記事】
   ※ このブログの「GPSロガー」に関連する記事は、 コチラ です。

 

 ※ 走行ルートを記録するなら「GPSロガー」がお勧めです。
 ※ バイクでの走行動画なら「GoPro HD HERO」がお勧めです
 ※ 仲間やタンデムツーリングでの会話なら高音質の「SENAインカム」がお勧めです

   

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました