スポンサーリンク

首都圏を襲った煙霧(動画)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この日の東京の最高気温は6月並の28.8度と、3月としては観測を始めた明治からの史上最も高い気温、最も早い夏日となりました。
その一方、午後からは寒冷前線が南下した影響で北風が地表のほこりを巻き上げ「煙霧」が発生しました。
この聞き慣れない気象現象は、私もはじめての経験でした。
猛烈な風で舞いあげられた土埃が地表を覆い、そして風にのって行く手の視界を遮ります。
たまたまクルマで買い物に行っていた帰りにこの煙霧に出会い、持っていたデジカメでクルマの中から撮影しました。
まずは動画でそのすさまじさをご覧ください。


ここからは写真になります。
2013年3月10煙霧
2013年3月10煙霧
ピンボケ写真なのではなく、煙霧でぼやけてしか見えないんです。
2013年3月10煙霧
最初はただの強い風による土埃かと思い、ひょっとして黄砂?とも思いましたが黄砂は混じっていなかったようです。
ほんの数メートル歩くだけでも髪や洋服は土ぼこりにまみれてしまいます。
クルマに乗っていても、突然起こる強い風で前や中央ラインがまったく見えず対向車とのすれ違いが怖かったです。
道路上にはペットボトルや看板、ビニールシートなどいろんなものが飛んできて転がっていきます。
2013年3月10煙霧
2013年3月10煙霧
2013年3月10煙霧
地表は巻き上げられた土埃で茶色く霞んでいますが、上空には青い空がのぞいています。
2013年3月10煙霧
2013年3月10煙霧
2013年3月10煙霧
2013年3月10煙霧

コメント

  1. こんな風景には初めて出会いました。
    スーパーで買い物をしていて、
    外に出てみたら突然こんな景色になっていました。
    バイクで出ていたら、泣きたくなっちゃいますね(笑;

  2. すごいですね煙霧。
    私は北で吹雪にあっていて夏日も煙霧も体験できませんでした。
    本当にツーリングの時でなくて良かったですね。

  3. テレビで放映されていたのは、
    空一面が霞んでいる状態のが多かったのですが、
    この時はカラカラに乾いた畑の土埃が舞い上げられ、
    強風に煽られて走っているクルマの前を
    完全に塞いでしまう時もありました。
    PM2.5は無かったようですが、飛来して地面に落ちていた花粉も
    一緒に舞上げられていたようです。
    健康被害も、クルマの運転も怖かったです。
    バイクのツーリングでなくて本当によかったです。

  4. かなりの埃ですね。
    悪いものは含まれていないのでしょうか?
    目や体内に入らないようにと気をつけていないとダメですね。

タイトルとURLをコピーしました