スポンサーリンク

CentOSの自動ログインとDynamic Do!の無料IP更新の自動化

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今さらですが、私のための自宅サーバー用覚え書きを二つ

■まずは、CentOSの自動ログイン

(目的)
自宅サーバー不調時に出先からのSSHでのリモートコマンドで再起動した際に、自動でログインさせるため。

(方法)
root権限で /etc/gdm/custom.conf を編集する

この中の [daemon] 項目に次の行を追加する

TimedLoginEnable=true (※自動ログインを有効化)
TimedLogin=*****   (ログインするアカウント)
TimedLoginDelay=1   (自動ログインまでの待機時間(秒)

編集後

# GDM configuration storage

[daemon]
TimedLoginEnable=true
TimedLogin=*****
TimedLoginDelay=1

[security]

[xdmcp]

[greeter]

[chooser]

[debug]

■Dynamic Do!の無料IP更新の自動化

(目的)
自宅サーバーは、以前はプロバイダーの固定IPを登録していたのだが、サービスの提供をやめてしまわれたので定期的にIPを更新させる必要がある。

(方法)
私が使っている無料のドメインサービスは、Dynamic Do! です。

ここは、アクセスした端末で、登録したurlとパスワードを含めたurlでアクセスするとそのIPに更新してくれます。

そのurlは無料IPサービスの場合は、

http://free.ddo.jp/dnsupdate.php?dn=
ドメイン&pw=パスワード &ip=xx.xx.xx.xx

その上でwgetを使ってアクセスさせるには、アドレスが更新できます。

wget -O – ‘http://free.ddo.jp/dnsupdate.php?dn=ドメイン&pw=パスワード’

さらにcrontabを使って定期的にアクセスさせるようにします。

cronについては、CentOS6から変更になっていて時刻設定がランダムで管理されているanacronで行われています。

これを従来からのcronに変更するには、まずcronie-noanacronをインストールします。

 # yum install cronie-noanacron

インストールが出来たらcronie-anacronは削除しておきます。

 # yum remove cronie-anacron

あとは/etc/crontabに自動実行させたい内容を記述します。

# vi /etc/crontab

17,47 * * * * wget -O – ‘http://free.ddo.jp/dnsupdate.php?dn=harley-davidson.ddo.jp&pw=*****’

こうすれば、毎時17分と47分に自動的にアクセスしてIP更新をしてくれます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました