スポンサーリンク

31日夜の皆既月食「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」がすばらしかった

スポンサーリンク
スポンサーリンク

皆さんもご覧になったと思いますが、昨日2018年1月31日の夜の月は「皆既月食」となりしかも「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」という貴重なものでした。

私が自宅で撮影した写真がコチラですが、関東では終わりの頃に薄い雲が掛かってしまいましたがそれでも夜空を彩ったすばらしい天体ショーを見ることが出来ました。

 ※ ↓ クリックすると拡大します。

スーパー・ブルー・ブラッドムーン

「スーパームーン」は月が地球に最も近づき満月が通常よりも14%大きく30%明るく見えます。

「ブルームーン」は月に2度目の満月となること、そして皆既月食により月が赤っぽく見えるのが「ブラッドムーン」で、今回はこの三つがすべて同時に起きました。

今回は20時48分に月の一部が欠け始め(部分食)、1時間3分後の21時51分に皆既月食になりました。

食の最大は22時29分で皆既月食は1時間17分続き、その後23時8分から月の一部が明るくなり始めました。

前回日本で見られた皆既月食は4年前の2015年4月4日で、この時の皆既月食の時間は12分でしたから今回はずっと長く月が隠れていた事になります。

私は今日出かけていて家に帰ったのは21時45分で皆既月食になる直前でした。

それからデジ一を用意して自宅の庭のベンチに寝転がって撮影していました。


 



コメント

タイトルとURLをコピーしました