スポンサーリンク

雪の重みでカーポートの屋根が落ちた

スポンサーリンク
スポンサーリンク

わがやの事ではないのですが、数軒先のお宅のカーポートの屋根が今回の大雪の重みに耐えかねて落ちてしまっていました。


 

一週間前の大雪の時にも不安があったようで、屋根のひさしの部分につっかえ棒を付けていたようです。

それでも今回は60cm以上も雪が積もりさすがのこの重みに耐えかねて屋根が落ちていました。

片持ちタイプのカーポートでは構造や経過年数によっては20、30cmの雪でも落ちてしまうことがあるそうです。

 

そしてもう一軒、こちらは横浜に住む私の妹の家です。

夜のうちはこんな感じでした。


 

自宅前は夜に雪搔きをしたそうですが、カーポートの上は暗くて脚立も使えないのでそのままにしていたら、朝起きたらこんな風になっていたそうです。


 

わがやではというと、何とか落下は免れましたがやはり60cm以上の雪でカーポートが少ししなっていて脚立に登って雪下ろしをしました。


 

 

今回の大雪では、天気予報では「先週ほどの積雪にはならないでしょう」「夜には雪から強い雨に変わる予報です」と繰り返し言っていたので、まさかこんなに積もるとは思わなかった方が多かったと思います。

今日になって気象庁では「気温が思ったほど上がらず、1度違うと雨が雪になって1時間あたり数cmの雪(一晩で数十cm)になることもあります」と、まるで後出しジャンケンのように言い訳していましたね。

先に言っておいてくれれば、無理してでも昨日のうちにカーポートの雪下ろしをして被害を免れたケースもあったのではないでしょうか。

 

参考までに、カーポートが崩れてクルマに被害が及んだ場合、カーポートは自宅が火災保険に入っていて「車庫、付帯物を含む」契約になっていれば保険の対象になることもあるそうです。

クルマの方の被害は車両保険の対象になるかどうかですが、修理額と翌年以降のランク下がりとの見合いでしょう。

いずれも一度聞いてみるのがいいようですね。

 

コメント

  1. 大猫 さんへ、
    関西の方の積雪量は、それほど多くないようですね。
    イメージ的には京都とか、かなり積もっていそうなものと
    思っていました。
    こちらでも2月8日の雪の時は、
    めずらしくて大人も子供も、
    いろんなところでカマクラや雪だるまを作っていました。
    でもさすがに今回はシャレにならない雪の量でしたので
    雪かきに専念していました。
    カーポートの被害は相当な数になったようです。
    今週半ばの雪、もういい加減にして欲しいというのが本音です。

  2. 普段あまり積雪しないこちら関西でも、先週は15cmほど積もって
    交通が麻痺してましたが・・・やはりそちらでは被害のレベルが全然
    違いますね。先を予測してつっかえ棒をしていた方はすごいとしか
    言いようがありません。
    怒られてしまいそうですが、こちらは滅多にない積雪量に大人も子供も
    総出で、雪だるまはもちろんちっちゃなカマクラまで作って雪を
    堪能していました。
    またそちらは降るような予報を聞いてますので、どうぞご用心ください。
    と、いっても本当に屋根とかカーポートとかどうしようもないですよね・・・

  3. 榛名赤城山 さんへ、
    ご無事でなによりでしたね。
    竜巻も怖いですね。
    天災はいつどう来るかわからないから
    対策もなかなか難しいです。
    ウチの保険もどうなっているのか、
    よくわかっていません。
    今回の大雪で、カーポートの被害は
    各地で相当数に上っているようですね。

  4. 我が家もカーポートがあります。幸い無事でした。
    でも、保険の件調べてみます。実は、昨年の9月、竜巻が我が家をかすり!
    家屋と車を少々ですが、やられました。幸い竜巻も保険が利きました!
    保険と竜巻など思いもよらなかったですが、竜巻も兼ねていた保険で
    良かったです。改めて、保険内容を見直しました。
    また、昨年度の大雪の時は、我が家の雨樋の一部をやられました。
    住宅会社によると、大雪と雨樋被害は多いそうです。屋根につく雨樋をやられ
    直すとなると、足場を組まなくてはならず、大変な出費になります。
    幸い我が家は、そこまで行かなくてホットです。
    しかし、竜巻では、足場を組んでの修繕で出費が痛い!保険ですがーーー

タイトルとURLをコピーしました