スポンサーリンク

手作りスモーク(燻製)を肴にビールで乾杯!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

手作り、DIYやクラフト、家庭科系が好きな「メカ好きおじさん」です。

でもまったく出来ない(やらない?)のが、「料理」

そんなオジサンですが、唯一やるのが燻製です。

まあ、燻製(スモーク)って、料理というよりクラフトみたいなもんですから。。(笑;

今回のメニューは、ベーコンとタコの燻製です。ついでにチーズとちくわもやってます。

ベーコンに使う肉は豚のバラ肉ですが、出来るだけいい肉を使った方がおいしく出来ます。

以前、安い肉でやったら不味かったぁ!

埼玉では有名なサイボクのゴールデンポークを使いました。

手作り燻製スモーク

下処理として、流水でキレイにあらってから、塩やスパイスをよく浸み込ませる為にフォークで何箇所も刺しておきます。ホントは肉刺し器があると便利なんですが、ウチにはありません。

手作り燻製スモーク

あら塩、黒コショウ、砂糖、その他のスパイスを好みでブレンドします。

手作り燻製スモーク

それを肉によーく刷り込みます。雑菌とか繁殖しないように塩はよく揉んだほうがいいです。

手作り燻製スモーク

出来たら二重にしたジプロックに入れて冷蔵庫で1週間馴染ませます。

手作り燻製スモーク

燻製って、煙で燻せばすぐ出来ると思っている方がいるかもしれませんが、実は工程としては、
・下処理 ? 塩漬け ? 塩抜き ? 乾燥 ? 燻製 ? 熟成 とあって、ベーコンとかだと1週間以上かかるのです。

次はタコです。

同じくキレイにあらった後、いくつかに切ってから、ソミュール液に漬け込みます。

手作り燻製スモーク

ソミュール液とは、肉に刷り込んだ塩やスパイス類を水に溶け込ました液です。

これも燻製をやる人が自分のレシピを考えて作ってます。

タコは3日間ほど冷蔵庫で寝かしますので、肉より数日後に下準備をします。
ちゃんと考えて食材を買って準備をしないと、一緒に燻製をする事が出来ないんです。

と、ここまでを先週のうちに済ませておきました。

ここからが今日の作業です。

豚バラ肉を取り出し、刷り込んだ塩コショウ、スパイスを落とした後、流水で3時間ほど塩抜きをします。

手作り燻製スモーク

タコも同様に1時間ほど塩抜きです。

その後、肉とタコは水気を切って乾燥させます。

肉は5時間くらい、タコは2時間ほどですが、乾燥しないように時々オリーブオイルを塗ります。

手作り燻製スモーク

いよいよ燻製です。

今回はスモークウッドのヒッコリーを使います。

ヒッコリーはサクラやナラよりちょっとだけ高いですが、欧米では一般的なもので肉にも魚にもある万能スモーク材です。

手作り燻製スモーク

私が使うのは簡単なダンボール製のスモーカーです。

こんなサイズのものでも結構ちゃんと作れますし、しかも使い捨てではなくもう5、6回繰り返し使ってます。

手作り燻製スモーク

肉とタコはこんな感じでステンレスの針金に刺してぶら下げます。

手作り燻製スモーク

ちくわとチーズは下準備は不要なので、水気を切ってそのまま網の上に乗せます。

手作り燻製スモーク

ただチーズは熱で溶けてきますので、包んであったアルミ箔を下に敷いておきます。

最初は、ウッドを小さく切っておいて、30度くらいで1時間スモークします。

手作り燻製スモーク

それでも中はこんな様子です。

手作り燻製スモーク

この段ボールスモーカーのよい点(?)は、すき間があるので風のとおりがいい事です。

手作り燻製スモーク

結構煙が出るので、マンションのベランダだと近所に迷惑になりそうです。

手作り燻製スモーク

1時間ほどしたら、金網の上のちくわやチーズは色の付具合を見て降ろします。

こんな感じで出来上がります。

手作り燻製スモーク

肉(ベーコン)とタコはもう少し続けてスモークします。

手作り燻製スモーク

温度も50度から80度くらいにあげてさらに1、2時間スモークします。

手作り燻製スモーク

タコもいいかんじです。

手作り燻製スモーク

ベーコンは中までよく熱を通したいのでさらに様子を見ながら続けます。

出来上がりです。

手作り燻製スモーク

でも、実はこれで完成、すぐに食べられるのではなく、「熟成」という工程があります。

煙の匂いを落ち着かせ、味をよくするために一晩程度、肉は冷蔵庫、タコは風乾させるのです。

その方がさらにおいしさが増します。

とりあえず、チーズとちくわは1時間程度の熟成でもいいのでこれを肴にビール、いえ発泡酒で乾杯です!

上でも書きましたが、燻製は下準備に結構時間がかかるものです。

でも塩抜きした食材を乾燥させる工程を冷蔵庫でおこなって、これをクーラーバッグでキャンプ場に持ち込めば、燻製の工程だけキャンプ場で楽しんで、熟成を省略してしまえばその場で食べる事も出来ます。

特に私が使ったような段ボールの組み立て式のスモーカーなら、かさ張らないのでバイクでも簡単に運べます。

これからの季節のキャンプーツーリングのメニューに入れてもいいかも。。

 

コメント

  1. エルグさんへ、
    お久しぶりです。
    自分で釣った魚を燻製にするのは
    キャンプの醍醐味ですね。
    燻製って、味加減が難しいですが、
    それはそれでいいんじゃないでしょうか。
    焚き火でビーフジャーキーなんか最高ですね。

    NORIさんへ、
    このQBチーズは、
    最初から荒引き黒コショウが入っています。
    もともとおいしいんですが、
    スモークするともっとおいしくなりますよ。

    waiwaiさんへ、
    たった一度の人生なので、
    興味を持ったいろんな事を
    自分で体験してみたくなるんですね。
    でも広く浅くで、中途半端になってしまったものも
    かなりいっぱいあります。
    それもまた、私の人生です。
    「ハーレーと趣味に生きる」メカ好きおじさんです。

    ばんさんへ、
    私が作る燻製の中で、
    一番手間と時間がかかるのが、豚バラベーコンです。
    チーズとか、はんぺん、ちくわは、
    下準備無しで1時間程度燻製すれば簡単なんですけど。
    オリーブオイルはタコとかだけでいいんでしょう。
    でも塗りすぎると味がわからなくなります(経験者談)

    白雪猫さんへ、
    あのセットはホームセンターとかで、
    一番簡単な燻製セットとして1,000円程度で
    売っていますよ。
    ひととおりの道具があるので、
    私のように気軽に始める事が出来るし、
    飽きても惜しくない値段です。
    でもスモークウッドだけは別に追加で買っておいたほうがいいですよ。

  2. へぇ???手軽に燻製ができる段ボール製の
    セットがあるんですね!
    個人的にはサーモンが大好きですが・・・
    あぁ朝なのにもうビールが飲みたくなってきた(笑)

  3. 昔はよくキャンプでいぶしました
    すぐに食べられるものばかりですけどね
    ベーコンは一回だけ作りましたが
    乾燥しすぎた記憶があります
    オリーブオイルを塗らなかったからかなぁ?

    手間を含めて楽しむことができて
    確かにクラフトですねぇ

  4. メカ好きおじさんさんは多趣味ですね。
    私も多趣味とよく言われましたが、足元にも及びません。
    因みに、先ほどジョッキ生飲みました。(笑)

  5. スモークチーズ大好きです。
    荒挽きコショウをぶっ掛けた奴が好き…

    久しぶりに私もやってみよ?

  6. 久しぶりに書き込みます。

    燻製美味そうですね。

    釣堀ですが、
    釣ったニジマスを燻にすることがあります。

    塩加減と塩抜きが上手くいかないですが、
    それでも、自分で美味いと思って食べるので
    それもまたアリと思ってます。

    キャンプツーリングで自分で作った燻製を肴に
    バイクと焚き火を眺めながら飲んでみたいですね。

タイトルとURLをコピーしました