スポンサーリンク

ペアライド時のサドルガードの熱対策

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ペアライドでツーリングをしているとリアシートの妻から、
「サドルガードのせいで、太ももが熱くなって堪らない」
という苦情がきます。

エンジンの熱が走っているうちに後付のサドルガードを暖めて、
そのせいど熱くなるのだろうと思っていたのですが、
よくよく見てみると、どうやら別の理由がありそうでした。

それは、「マフラーと、サドルガード下部のフレーム取付位置が近い為、
走行により熱くなったマフラーによりサドルガードそのものが熱せられて、
それが熱伝導の良い金属であるガードのために、
上部まで熱くなってしまう為のようです。

heat-sadlegard01.jpg

さらによく見るとソフテイルはライダーシートのすぐ下にオイルタンクがあり、
こことサドルガードに取り付けプレートが重なって固定されているため、
オイルが熱くなるとその熱がガードの上部からも伝わるようになっています。

オイルタンクからの熱は置いといて、マフラーからの熱は対策のしようあります。
マフラーとサドルガードの位置をずらす事は出来ませんが、
熱を伝えにくくすればいいのです。

ガードの下部のマフラーから熱を吸収する部分か、
あるいは太ももにあたる部分を、金属の剥き出しにしないで、
断熱性のもので覆ってしまえばいいのです。

そこで今回利用するのは、
「革」と「ゴム」です。

ハーレーらしく、黒のレザーでサドルガードを巻き込む、
カバーを作る事にしました。

サイズは現物合わせで、
ガードの径が26mmなので82mm、長さは125mm位にしました。

heat-sadlegard03.jpg

heat-sadlegard02.jpg

作り方は、家にあった手持ちの材料を使って、
両端にポンチで穴をあけて、細い紐レザーで絞った形にします。
穴を空ける位置は、型紙を作って印を付けていきます。

heat-sadlegard04.jpg


マフラーがあるのは右側だけなので、カバーも右側だけに付けます。
制作費:数百円、製作時間:約30分の工作カスタマイズです。

heat-sadlegard06.jpg

マフラーと隣接する部分はカッコより断熱効果を考えて、
太めのリブパターンのゴム素材を巻いて試してみました。

出来上がりはこんな感じです。
見た目はカッコイイとは言えませんが、効果はあると思います。

heat-sadlegard05.jpg

実際に先日のツーリングの結果では、「無いよりはいい」ところでしょうか。
熱くなった金属に直接触らないだけでも多少はいいようです。

でも効果をあげるなら、マフラー側に採用したような
断熱効果の高い、厚めのゴム素材を使った方がいいようです。

P.S.『こんな簡単な事ならもっと早くから、去年からやってヨ!』(妻の声)

コメント

  1. 1998springerさん、
    私もそんなにあついとは知りませんでした。
    でも走ってきたあとで、ガードに触ってみると
    たしかにかなり熱くなっていますね。
    タオル巻くだけでも効果あるかも。
    アイデア、どんどん使っちゃってください(笑;

    弾正さん、
    なんとか一緒に楽しくペアライドするために、
    いろいろ大変なんですよ!(笑;
    それは冗談ですが、
    ハーレーにはレザーグッズが似合いますよね。

  2. 本当に優しいですわ~。^^
    ってか革なので結構すっきりしてカッコイイですね。

  3. 気づきませんでした 後ろにのることはないもので
    息子何とも言ってなかったけど
    我慢してたのか?
    こんど確認してみます
    アイデア 無料にて使用させてください。

  4. 要さん、
    初めまして!
    排気量が大きくて空冷のハーレーの排熱は
    半端じゃないですね。
    エキパイやマフラーほどの高温でなければ
    対処の仕方もあると思いますよ。
    もし革巻きをするのなら、もう少し太めに作って、
    内側に厚手のゴムや硬質スポンジ等を挟んだ方が、
    より断熱効果が高まると思います。

    NORIさん、
    ハーレーには革がよく似合いますよね。
    手持ちのストックの革がみんな黒だったんですが、
    出来ればナチュラル色の方がよかったかも。
    これからの季節はもうそれほど暑くなる事はないでしょうけど、
    ペアライドを楽しむには少しでも快適なほうがいいですね。

  5. いやいや、見た目もいいじゃないですか!

    しかし、ホント優しい旦那様ですね。

  6. 初めまして!最近お邪魔するようになった者です。
    自分も部位こそ違うものの同じような状況で、熱くなったフレームが太ももに接触するので、本当に困っていました…
    革を巻けばよかったんですね!見た目もかっこいいし、目からウロコです!
    いいアイデアありがとうございます~

    ※事後報告になりますがリンク張らせて頂きました!

タイトルとURLをコピーしました