スポンサーリンク

ファントムフェアリングのインナーパネル自作 Vol.1

スポンサーリンク
スポンサーリンク

去年の7月にKIJIMAのファントメフェアリング、通称「やっこカウル」を購入して以来、見た目はカッコ良くなったのですが、裏側すなわちライダー側から見える方は何もないガランドウの状態なのがずっと気になっていました。

実はKIJIMAからは専用のインナーパネルキットが発売されているのですが、値段も75,600円とそこそこで、さらに私には不要の響サウンドシステム内蔵で音楽再生が可能となっています。

それよりメーターその他、自分で欲しい機能を盛り込めた方がいいので、やっぱり自作を開始する事にしました。

以前の記事をご覧になった方もいるかと思いますが、実は去年の段階でも何度かインナーパネル自作を考えたのですが、デザインが決まらず今一つ製作意欲が盛り上がらなかったので挫折したのです。

今回は「テキトーでいいや!」という軽い気持ちでまずは作ってみようと思ってます。

まずは、今までにも何度もトライしたデザイン起こし、型紙作りです。

実際の乗車姿勢の時に見やすく、操作しやすい角度、大きさを決めます。

それをダンボールで作った型紙でパネルにあててみて様子を見ます。

100602-011259.jpg

やはりハンドルやポストに干渉する所が出そうなのでサイズを調整します。

だいたいのデザインが決まったら木材を切り出します。

100602-011514.jpg

前面パネルにはメーターその他、いくつかのパーツを組み入れる予定です。

何を埋め込むかは後のお楽しみです(笑;

使うかどうかわかりませんが、スピーカー埋め込みスペースも作っておきます。

100602-011621.jpg

今日の作業はここまで。

続きはまた後日、行います。

コメント

  1. まさかずさんへ、
    あまり期待しないで下さい。
    木製で簡単に作るつもりなので、
    複雑な曲線とかは無理で、
    直線ばかりの「箱」になりそうです。
    FRPでやってみたいのですが、
    まだ敷居が高そうです。
    教えていただいたサイト、見てみました。
    最近の方は絵もうまいし、凄く器用ですね。
    あんな風に作れたら楽しいでしょうね。

    エッチティシィさんへ、
    訂正します。
    「インナーパネル」ではなく、
    「インナーボックス」にします(笑;
    というより、「中に入れる箱」の方があってるかも。
    振動対策、強度もありますが、軽量化も必要です。
    費用の問題というより、
    サウンドシステムしかないのが困りもので、
    それよりタコメーターやその他モロモロを
    組み込みたいので、どうしても自作しかなさそうです。

  2. インナーパネルを自作?考えられません(@_@;)

    だってあれだけの振動のあるハーレーに載せるには、それなりの対策が必要です。
    それを自作してしまうなんて、ただただ素晴らしい限りです。
    私には考えられないのと同時に、自分には絶対に出来ないワザをここで公開して
    頂けるのかと思うと、とても楽しみでもあります。

    因みに75,600円で購入出来るのなら、私でしたらきっとなけなしのお金を貯めて
    購入してしまう事でしょう(笑)

  3. 自作シリーズ!
    待ってましたよ?(^^)

    今後の展開、楽しみにしています!

    僕も脳内シュミレーションを何度も何度も繰り返し
    何とかなる!って思った瞬間に始めます。
    まあ大体、何ともならずあたふたするシーンが出てきますけど(^^;

    前から言ってますが・・・
    FRPの工作に挑戦するかどうか、まだ迷ってます・・・
    脳内シュミはほぼ出来上がってるんですが、腰が重いです(^^;

    ここのサイト、おもしろいですよ!
    何だか出来そうな気がしてきます

    http://www.bbb-bike.com/mospeada/index.html

タイトルとURLをコピーしました