スポンサーリンク

バイクを選ぶまで

スポンサーリンク
スポンサーリンク

最初にバイクに乗ったのは30年近く前。それから13年ほどバイクに乗った後、一度バイクを降りていた期間が約16年。

こんなブランクがあってもうじき50歳になろうかという自分には、とても以前のようにバイクを振り回す自信も体力もない。
今まで乗ってきたバイクのタイプも、50ccスポーツタイプの原付から始まって、オンロード、ツアラー、オフロード、そしてレーサーレプリカ(もはやはるか昔の死語?)。乗っていないのはトライアルとアメリカンくらい。

そんなこんなで選んだのはYAMAHAのアメリカン、DragStar250。
ネットでこのバイクについて色々な人の意見を見てみると、
・ヤマハのドラッグスターはアメリカンとしての人気は高い
・ドラッグスターなら最低でも400cc、できれば1100ccがお勧め、というより250ccはすぐ飽きる
・アメリカンバイクは「人に見られてなんぼのバイク」
 400、1100はカスタム用パーツがふんだんに販売されているが、DS250用は極端に少ない
・250は高速で走った時にパワー不足を痛感する
というのが一般的だった。

でも、私の場合はちょっと違って、
・とにかく自分でバイクに乗って走るのが好き
・大きなバイクに全く興味が無い訳ではないし、ほかの人から注目されるのはうれしいけど、自分の体力にあった大きさ、重さでいい
・カスタマイズは乗りにくくなるデメリットの方が多いと思うのであまりやらない
・カスタマイズするとしても運転に係わる、ステアリングやフレーム系ではなく、ツーリング仕様にするためのウインカーやツーリングバッグ程度
こんな感じなのでバイクに求める方向性が違うようだ。

そんなこんなで最終的には250ccのネイキッドとアメリカンで迷って結局、一番初めに書いたとおり、YAMAHAのドラッグスター250に決定しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました