スポンサーリンク

ハーレーのマフラーをノーマルに交換

スポンサーリンク
スポンサーリンク

FLSTCのマフラーは純正状態では右二本出しになっていますがだいぶ前からディーラーで左右出しに変えてもらっていました。

さらにマフラーはフィッシュテールがよかったのでカーカーに交換していました。

今回このカーカーマフラーをノーマルに戻してみました。

いつもなかなか外せないので苦労するのでまずは5-56をスプレーして潤滑をよくしておきます。

右側のマフラーは拍子抜けするくらいすんなり抜けてました。

こちらは左側です。

FLSTC用のカーカーマフラーですが、メーカー指定の方法で取り付けると後ろ下がりになってテールが地面に近くなるのでステーで上に引き上げています。 ボルトの頭が二つ縦にならんでいるところがそのパーツです。

また曲がりくねってむりやり左右出しにしているエキパイの関係上、マフラーの前側もそのままではエキパイに負荷がかかり外れやすくなるのでもう一箇所取り付けバーのところにU字ボルトを追加して重さを分散しています。

左側カーカーマフラーも割りと楽に取り外しできました。

使っているボルト類はインチサイズのものと、互換性を考えてミリサイズのものを使い分けているのと適当な場所にU字金具やステーを使っているノイで交換作業はディーラーや整備ショップにまかせず自分でやるようにしています。

マフラーを外したところです。

なかなか掃除の手が入りにくいですし盆栽バイクにしていないのでとても汚いです。

この左側のノーマルマフラーの取り付けにはかなり手こずりました。

なかなか奥まで差し込めず何度もマフラーの前部の切り込みを開いたりバンドホース金具を調整してなんとか取り付けることができました。

ノーマルマフラーの方もエキパイに重さの負荷がかからないようにU字金具を使って固定箇所を増やしています。

交換後の写真を撮っていなかったので以前ノーマルマフラーだった時の写真を貼っておきます。

やはりソフテイルでもこのヘリテイジには左右出しのマフラーの方が似合うと思いますがいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました