スポンサーリンク

アレルギーだったエビ・フライを食べてみた

スポンサーリンク
スポンサーリンク

もう20年以上前からエビの料理を食べていませんでした。

ある日、寿司屋へ行って好物だった蒸しエビを食べた時、しっぽを外した手で目をこすったらもう大変!

瞬く間にまぶたが腫れて目が見えないくらいになってしまいました。

すぐにお店から奥さんにクルマを運転してもらい病院に駆け込み、生理食塩水で目を洗いステロイド注射をもらって何とか収まりました。

それ以来「エビ」は食べていません。

思い起こせば学生時代から、天丼やエビフライで尻尾が唇に触れるとその部分がぷくっと膨らむ事がありました。

今にして思えばそれがアレルギーの発症だったんですね。

私も含め日本人はエビ好きな人が多いですが、同じように唇が腫れるという友人知人が何人もいましたが、程度の差こそあれ同じようなアレルギーだったんでしょう。

それでも「エビが食べたい」「あの触感と味をあじわいたい」という私の要望にこたえて奥さんが何度か魚のすり身やカニカマなどで「エビフライもどき」や「エビマヨ風」の料理えお作ってくれていました。

実際に病院でアレルギー反応の検査をしてもらった結果がこちらです。

エビのほかに甲殻類のカニでも数値上は反応が出ていましたが、実際に症状は発症していませんでした。

それから何年かアレルギー検査を行いましたがやはりエビの反応は出たままでした。

ところが今年の秋に栗でアレルギーのような症状が出たので検査を受けたのですが、その結果がコレです。

何と「エビ」の項目は少しは出ていましたが許容範囲に収まっていました!

実際にはアレルギー検査の結果は、その時の体調などによっても変わってきますがそれでも今までずっと出たものが少なくなっていたんです。

発症して以来、20年近く食べていなかったのがよかったのかもしれません。

それでもすぐにエビを食べる自信はなかったのですが、先日ついに奥さんに「エビフライ」を作ってもらいチャレンジしてみました。

さすがに尻尾の部分は何となくエキスが濃そう(?)だったので外してもらいました。

20年ぶりに食べたエビフライ、そうそうあのプリプリとした食感と忘れかけていた味が蘇ってきました。

万が一を考えて病院のやっている時間帯でしたがその後も体調に問題はありませんでした。

うーん、やっぱりエビはおいしいですね。

でもだからと言ってまたすぐにエビを食べ始めるつもりはありません。

様子を見ながら期間を開けて少しずつチャレンジしていってみようと思っています。

コメント

  1. いさ さんへ、
    はじめまして!
    コメントありがとうございます。
    同じアレルギーの方のご意見は参考になります。
    日本人はエビ好きなのでアレルギーになる方も多いと聞きます。

    年を取るとアレルギーも鈍くなるのでしょうかね。
    だから私も検査結果が低くなったのかな。

    でもだからと言ってバンバン食べる気にはなれませんね。

    お互い気を付けて少しだけ、楽しみたいですね。

  2. はじめまして
    エビアレルギーって書いてましたので
    思わず書きこみしてます
    私もエビアレルギーで 小さい時は
    甘エビとか食べると のどが腫れて 
    呼吸困難になったこともあります。
    現在は50手前なので 鈍って来たようで
    エビフライも食べれますが 生のエビは
    怖くて食べれませんね。
    気をつけて下さい〜〜。

タイトルとURLをコピーしました