スポンサーリンク

もっさり動作のNexus7(2012)のAndroidを5.1から4.3にダウングレード

スポンサーリンク
スポンサーリンク

私が一番最初に買ったタブレットは、今から5年前の2012年にGoogleから発売されたNexus7、2012年版です。

当時タブレットといえばi-Pad一強時代でしたが、そこにAndroidが低価格(19,800円)で手頃なサイズで殴り込みをかけた製品です。

私も発売と同時に購入してビジネスユースとしても、出張時の映画鑑賞としてもおおいに活躍してくれました。

その後いくつかのタブレットも購入し、現在メインで使用しているのはデータSIMでネット通信が出来る同じAsusが製造しているMeMoPad7に取って代わりました。

でも現在そのMeMoPad7に不具合が生じて修理に出しているので、かわりに初代Nexus7に活躍の場が与えられました。

 

このNexus7はGoogleから発売されていることもあり、今でもOSであるAndroidがバージョンアップするたびに、新OSのリリース直後にバージョンアップが提供されてきます。

最初に購入したときは発売当時最新バージョンであったAndroid 4.1(Jelly Bean)が世界一早く搭載されていました。

その後、4.1 → 4.2 → 4.3 → 4.4 → 5.0 → 5.1 とバージョンアップを重ねてきました。

あたらしもの好きの私も、すぐにアップグレードを繰り返してきました。


 

しかし、Android4.4あたりまでは機能の追加やバグフィックス、セキュリティ強化なども出来て満足していたのですが、5.0以降になると機能強化よりも、動作のもっさり感が目立つようになってきました。

具体的には起動直後すぐに動作出来ないとか、Google Chrome でネットをしてもウインドウを複数開けるのにやけに時間が掛かったり、動作の再生がカクカクするなどといった症状が出てきました。

「機種のハードが古いから仕方ないか」と半ばあきらめていましたが、ネットで調べてみると多くのユーザーが5.0にして以降、同じ症状に悩まされているようでした。

その対策として書かれていたのが、

 ・初期化してみる

 ・Chrmomeのキャッシュを削除してみる

 ・不要なアプリをアンインストールする

などでしたが、いずれも抜本的な解決にはいたりませんでした。

ほかには、思い切ってリスク覚悟でAndoridのバージョンを下位のものにする=ダウングレードをされている方の情報が多くみつかりました。

私もあまりに動作の重たさ、もっさりさからとうとうガマン出来ず、Androidのダウングレートをすることにしました。

 

といってもOSのアップグレードというのは旧バージョンに上書きするなど、OS提供社のマニュアルに沿えば割と簡単に出来ますが、ダウングレードすることは想定されていません。

でもそこはネットで情報収集してやれば、多くの先輩方の解説サイトが見つかります。

しかもGoogle自体が、旧バージョンのファクトリーイメージファイルを公開してくれているのでこれを使えばなんとかあるでしょう。

しかもこのファクトリーイメージはNexus7をそれぞれのバージョンの工場出荷時状態に戻すためのシステムイメージの他にも、ブートローダー、インストール用のシェルスクリプトが含まれています。

ただし、このデータだけ落としてきてもダウングレードは出来ません。

ほかにWindowsのパソコンを用意して、Nexus7自体も再設定用の準備をあらかじめて行っておく必要があります。

すでにほかのいくつかのサイトで詳しく解説されていますので、私のサイトでは省略します。

手順だけを説明してみますと、

 ・Windowsパソコンで、Androidの旧バージョンのファクトリーイメージをダウンロードして解凍しておく

 ・WindowsパソコンにJAYVAプログラムをインストールしておく

 ・Windowsパソコンに Android SDK、Platform-toolsをインストールしておく

 ・WindowsパソコンにNexus7を接続してドライバをインストールする

 ・Nexus7で開発者向けオプションを表示出来るようにして、USBデバッグを許可する

 ・Nexus7のブートローダーをアンロックする

 ・ファクトリーイメージを実行(flash-all.bat)する

 ・自動的に旧バージョンがインストールされる

 ・Nexus7をパソコンこら外し、再起動すると旧バージョンで起動する

おおまかな流れはざっとこんなものです。

と書くと簡単に、スムーズに出来たようですが実際にはいろんな方のサイトを見て、いくつかの情報での処置を組み合わせてようやく出来たというのが本音です。

 

ファクトリーイメージはどのバージョンまで戻すかで迷いましたが、今回は今まで使ってきた中で割とまずまずの動作だった4.3にすることにしました。

これで気に入らなければ通常のアップデートで4.4にするのは簡単に出来ますが、反対は面倒だと思ったからです。

 

時間的にはAndroid SDK、Platform-toolsのインストールだけで1時間以上かかってしまいました。

 

ブートローダーのアンロックも、なかなかネット情報通りにはいきませんでした。

すべての準備がすんでファクトリーイメージのflash-all.batを走らせても、device errow になってしまいました。

どうやらドライバがうまく入っていなかったようで再度入れ直しました。

その後の処理でもコマンド上でエラーの続出で、インストールまで進まずコマンドが終了してしまいました。

念のため、Windowsパソコンを再起動させてから、再度flash-all.batをやってみたら、うまくインストール出来ました。

最後に、パソコンとの接続を外しNexus7を再起動させると、めでたくAndroid 4.3 で起動しました。


 

そこから先の設定自体は今まで何度もやってきたのと同じなので問題ありませんでした。


 

 

5.1から4.3にダウンロードした結果は、サクサク感が戻ってきました。

さすがに昨年冬に購入した新機種のMeMoPad7と比べると多少ワンテンポ遅れる感はありますが、5.1の時とはまったく違う操作感で、一応満足出来ました。

今回のNexus7のダウングレード処理は、うまくいかないと最悪タブレットがまったく動作しなくなることもありますし、WindowsパソコンにAndroid SDK、Platform-toolsを動作させるためのパスを設定するのをミスるとこちらも起動しなくなるかもしれませんので、あくまで自己責任でやってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました