スポンサーリンク

ビデオカメラを買いました

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今さらなんですが、ビデオカメラを買いました。

来月、旅行に行こうと思って(ツーリングではないです)、せっかくなのでビデオカメラを購入しました。

今持っているビデオカメラが、DVテープのキャノンDM-IXY DV M2というモノなのですが、最近ずっと使ってなくてちょっと調子も悪かったので、買い換えです。

買ったのはコレ↓、Canonのフルハイビジョン・ビデオカメラ、iVIS HF R10という機種です。

canon_ivis_hr_r10-01.jpg

キャノンのビデオカメラでは、同じiVISシリーズのM31とかM32とかの機種が売れ筋のようですが、私の機種はもっとも入門用のものです。

昔は、オーディオやビデオに凝った時期もありますが、今は「簡単に操作出来て、それなりにキレイに映れば高機能より安い機種の方がいい」という考え方に変わってきました。

たしかに上を見ればキリがないですが、この機種でも私の求める水準以上のモノが撮れます。

特に手振れ機構については、上位機種が「光学式」なのに対して、このR10は「電子式」です。

一般的には光学式の方が画質劣化も少なく、広角側が使えますが、その一方でバイクや自動車、電車等の揺れる乗り物に乗って撮影する時は、かえって光学式の方が振動してしまい、画像の揺れが生じるので、電子式の方が有利だと言われていて、実際に車載ビデオには電子式の方が多く採用されています。

今までビデオカメラは、8mm、Hi-8、DV と使ってきましたが、最近はデジカメの動画機能でもいいかなと安易に妥協していて(笑;、あまりこだわっていませんでしたが、キレイな景色はちゃんとしたビデオで撮っておきたいと思って今回の購入になりました。

ビデオと同時に買ったのがコチラ↓

canon_ivis_hr_r10-02.jpg

SDメディアは32GBと8GBの2枚、転送速度を考慮してクラス6のものです。

SDメディアには転送速度に応じて、クラス2,4、6、10とありますが(数字が大きいほど転送に有利)高画質録画には、クラス4以上は欲しいです。

それと予備バッテリー。

付属のバッテリーでは録画時間が公称1時間、実質40分程度でしょうから、やはり予備バッテリーは必要です。

しかも寒い場所・時期には余計バッテリーの減りが気になります。

これもメーカー純正のバッテリーは高い(定価6000円、実売4500円程度)なので、いわゆる互換バッテリーを買いました。

値段も純正の3分の1以下でしかも容量が大幅に大きくなっています。

そして、ハイビジョンテレビと接続するHDMIケーブル。

これも町の電気店で買うとかなり高価なんですが、探せばやはり4分の1以下の値段で手に入ります。

実際に使ってみた感想ですが、やっぱり性能の進化はすごいですね!

画像は明らかに数段キレイになっています(当人比。。。(笑;

家のテレビは45インチのシャープのAQUOSですが、これで見てもくっきり画像で楽しめます。

手振れ補正は、この機種が電子式なのであまり高い性能ではないでしょうけど、解像度や鮮明さ、色の再現性は以前のタイプのビデオとは比較になりません。

特に感心したのが、暗い所から明るい所へ移った時とか、青空から緑や地面に画面が変わった時の、明るさや色の変化がごく自然に見える点です。

昔の機種では、変化が大きくわかって不自然な感じでしたが、この機種ではテレビ番組で見るように自然に見えました。

また、音声についても期待していませんでしたが、これもちょうどいい感じに録音されています。

持った感じも、サイズは非常に小さくてしかもペットボトルより軽いので、長時間持って歩いても苦にならなそうです。

これで旅行に行くのが楽しみになりました。

コメント

  1. nakaさんへ、
    昔、ビデオカメラの出始めの頃、
    30cm近くもあるような大きな機械を
    抱えて旅行に行った事を思うと
    ずいぶん小さく、それにキレイになりましたね。

  2. コンパクトになったんですね。
    手のひらに隠れそうな大きさかな。
    動画はを撮るならやはりビデオカメラでしょうか。
    滑らかな動きがいいね。

タイトルとURLをコピーしました